【ワンピースカード環境 2024年2月】最強デッキランキング【Tierトップおすすめデッキ紹介|ワンピカード】

記事の感想をコメントしよう! 1


≫ ワンピ新弾予約・商品一覧


ワンピースカード2024年2月環境Tier(ティア)表

環境とは、現在よく使われているカード・デッキや、それによって形成されるおおまかな試合傾向などのこと。「メタゲーム」とも呼ばれます。

各デッキの解説は後述します。

「Tier(ティア)」とは、デッキの強さや人気度に基づいて、ランク分けされたレベルのことを指します。当サイトでは、「大型大会」「スタンダードバトル」などの強さ・使用率を合わせて「注目すべきデッキ」として区分しています。

  • Tier1
    現環境で最も強力なデッキ。
    多少の不利対面なら突破できるカードパワーを持っています。
  • Tier2
    Tier1と互角に戦えるデッキ。
    Tier1ほどの使用率ではありませんが大会入賞実績も多く、十分なデッキパワーを誇ります。
  • Tier3
    Tier1、Tier2と比べると不利対面の多さやデッキパワー不足などが挙げられますが、独自の強みを持ったデッキです。
  • Tier4
    Tier3より使用率の低いデッキです。

ワンピースカード2024年2月環境最強デッキランキング

順位デッキ
1位青黒サカズキ
2位黄カタクリ
3位赤紫ロー
4位黒モリア
5位黄エネル
6位緑黄ヤマト
7位黒黄ルフィ
8位緑黒ペローナ
9位赤ニューゲート|赤白ひげ
10位赤黄サボ
11位緑ウタ
12位赤紫ルフィ
13位緑キッド
入賞数・使用率から作成

≫その他の優勝デッキ一覧はこちら

ワンピースカード環境 有利不利相関図

※掲載準備中

ワンピースカード環境 メタゲーム解説

2024年1月27日にエクストラブースター『メモリアルコレクション』が発売したことで一部のデッキが強化されました。新弾のリーダーは今の所環境外となっています。

Tier1は【青黒サカズキ】と【黄カタクリ】です。

【青黒サカズキ】に有利を取れる【黄カタクリ】が増えており、新弾の《シャーロット・フランペ》EB01-056で強化されました。

《シャーロット・フランペ》は、ライフからとデッキからの合計2枚手札に加えることができ、リソースを増やしてくれます。また、+2000カウンターであるのも優秀です。

《シャーロット・フランペ》EB01-056

Tier2帯では、新たに【赤紫ロー】が環境入り

【赤紫ロー】に新弾の《キッド&キラー》EB01-003が採用されたことで大幅に強化されました。

相手のライフが2枚以下であれば、「4コスト/7000/速攻」でアタックできるのが強力です。

《キッド&キラー》EB01-003

【黒モリア】の構築の変化はないですが、【黄カタクリ】に有利なため環境上位になっています。

【黄エネル】には新弾の《雷迎》EB01-059を採用した型が見られます。

Tier3帯にも【緑黄ヤマト】【黒黄ルフィ】【緑黒ペローナ】が入っており、黒と黄が環境を独占しています。

また、【赤紫ロー】が環境入りしたことで、【青紫レイジュ】や【青ナミ】が減少しています。

禁止・制限カード

2024年4月1日より、新たに青黒リーダー《サカズキ》OP05-041、《排撃》OP06-116、《大噴火》ST06-015が禁止カードとなります。

以下の記事では、禁止になった理由や今後の環境について解説しています。

直近の大型大会結果

3/3「チャンピオンシップ2023 ワールドファイナル」結果

順位デッキ
優勝【青黒サカズキ】
準優勝【青黒サカズキ】
3位【青黒サカズキ】
4位【青黒サカズキ】

3/2「CARD GAMES Fest23-24 in JAPAN -3on3-」結果

順位デッキ
優勝【黒モリア】
【黄エネル】
【青黒サカズキ】
準優勝【黄エネル】
【青黒サカズキ】
【CP0黒ルッチ】
ベスト4【緑ボニー】
【黄エネル】
【黄エネル】

他3デッキ不明
ベスト8【黄エネル】
【黄エネル】
【黄エネル】
【黄エネル】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】

▼デッキレシピ不明
【赤紫ロー】
他6デッキ不明
ベスト16【赤ドラゴン】
【緑ボニー】
【緑ボニー】
【緑ボニー】
【黄エネル】
【黄エネル】
【赤紫ロー】
【黄カタクリ】
【青黒サカズキ】
3on3

2/10「チャンピオンシップ2023 日本一決定戦」結果

順位デッキ
優勝【緑ウタ】
準優勝【黄カタクリ】
ベスト4【青黒サカズキ】

▼デッキレシピ不明
【青黒サカズキ】
ベスト8【緑黄ヤマト】
【赤ゾロ】
【青黒サカズキ】

▼デッキレシピ不明
【黄カタクリ】
ベスト16【青ナミ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】

▼デッキレシピ不明
【緑黄ヤマト】
他2デッキ不明
ベスト32【黄カタクリ】

▼デッキレシピ不明
【黄カタクリ】
【黄カタクリ】
他13デッキ不明

1/27「全国大学選手権-3on3-」結果

順位デッキ
優勝徳島大学
【緑黄ヤマト】
【青黒サカズキ】
【黒モリア】
準優勝南山大学
【黄カタクリ】
【青黒サカズキ】
【黒モリア】
デッキ分布

1/21「チャンピオンシップ2023 2次予選 決勝大会」結果

順位デッキ
優勝【黄カタクリ】
準優勝【青黒サカズキ】
ベスト4【黄カタクリ】

▽デッキレシピ不明
【緑黄ヤマト】
ベスト8【青黒サカズキ】

▽デッキレシピ不明
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【黄カタクリ】
ベスト16【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【黄カタクリ】

▽デッキレシピ不明
【黒黄ルフィ】
【黒モリア】
ベスト32【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【黄エネル】
【黒モリア】

▽デッキレシピ不明
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【青黒サカズキ】
【黄カタクリ】
【黄カタクリ】
【黄エネル】
【黄エネル】

【緑黄ヤマト】
【青紫レイジュ】
【赤紫ロー】

≫過去の大型大会の結果・デッキレシピはこちら

新弾デッキ

既存のデッキにも新カードが採用されていますので、今後の環境の動きに注目です。

環境1位:【青黒サカズキ】

特徴青・黒 / 海軍
戦術コントロール / バウンス
収録ブースターパック第5弾『新時代の主役』

【青黒サカズキ】は、大型キャラを採用しないアグロ系除去コントロール型のデッキが開発されたことにより、圧倒的な使用率と勝率で10月中盤から環境TOPに君臨しています。

ワンピースカードの環境は【青黒サカズキ】に勝利できるか否かで順位が決定しているといっても過言ではありません。

以前の【青黒サカズキ】は、《ジュラキュール・ミホーク》OP01-070《カイドウ》OP04-044などの除去できる大型フィニッシャーカードを登場させ、終盤に相手のライフを削りきるコントロール型のデッキでした。

しかし、現在流行しているのは《ヒナ》ST06-008《クザン》OP02-096などの、コストをマイナスできるアタッカーカードを採用して、除去を《犬噛紅蓮》OP05-057《ロブ・ルッチ》OP05-093に頼っている構築です。

《レベッカ》OP05-091によるブロッカーの使いまわしや《ブランニュー》OP03-089のトラッシュ肥やしなど、スキがない攻守に優れた圧倒的な強さを誇るデッキが完成しました。

【青黒サカズキ】の対策としては、速攻のキャラカードを駆使してリーダーへの攻撃回数を増やしましょう。

【青黒サカズキ】は、カウンター値を持つキャラカードの採用が少ないため、如何にして除去をかいくぐりライフを削れるかが重要です。

環境2位:【黄カタクリ】

特徴黄 / ビッグマム海賊団
戦術ライフ操作 / コントロール
収録ブースターパック第3弾『強大な敵』

【黄カタクリ】は、リーダー《シャーロット・カタクリ》OP03-099の効果で自分・相手のライフを操作しつつ戦います。

《シャーロット・リンリン》OP03-114は、「10コス/パワー12000」の高いパワーを持つキャラであり、登場時に自分のライフを回復し、相手のライフを1枚トラッシュする攻守に優れた強力な効果を持っています。

また、自分のライフを操作し、トリガー効果で登場させられる《しらほし》OP03-116《シャーロット・ペロスペロー》OP03-113《サンジ》OP04-104をライフの上に持っていくと、さまざまな場面に対応できます。

【黄カタクリ】の使用率と勝率は、12月も上昇し続けています

その理由は、環境TOPの【青黒サカズキ】に有利なためです。カウンター値の少ない【青黒サカズキ】をパワー7000で攻撃しながら、高コストで除去しにくい《シャーロット・リンリン》OP03-114を登場させられます。

【黄カタクリ】の対策としては、アグロ系のデッキです。

【赤ゾロ】や【赤黄ベロベティ】を使用して、【黄カタクリ】に《シャーロット・リンリン》OP03-114を登場させるスキを与えないでください。

環境3位:【赤紫ロー】

特徴赤・紫 / ハートの海賊団
戦術アグロ/ビートダウン
収録アルティメットデッキ『“三船長”集結』

【赤紫ロー】は、序盤からキャラクターカードを展開して相手ライフを削るビートダウンのデッキです。

《トラファルガー・ロー》ST10-001の効果を序盤から活用して、相手のキャラカードを除去しつつ盤面を制圧していきます。

《トラファルガー・ロー》ST10-001の効果はドン!!カードを3枚使用するため、大型のフィニッシャーカードが採用されていないのも特徴です。

少なくなったドン!!カードは、《ベポ》ST10-012《シャチ&ペンギン》ST10-008などの優秀なドン!!加速キャラで補って戦いきます。

最近では、【青黒サカズキ】の《ヒナ》ST06-008《クザン》OP02-096を除去しながら盤面にキャラカードを展開できるため、有利といわれ注目されています。

【赤紫ロー】の対策は、コスト5以上のキャラカードを盤面に展開することです。

【赤紫ロー】は、除去手段がリーダー効果に依存していることやパワーをマイナスするカードがそこまで豊富に採用されていないことなどから、コスト5以上のキャラを何度も登場させることでリソース切れを狙えます

環境4位:【黒モリア】

特徴黒 / 墓地利用 / パワー5000 / ライフ5枚
収録ブースターパック第6弾『双璧の覇者』

【黒ゲッコー・モリア】は、トラッシュをリソースとして活用しながら勝利を目指すコンセプトのデッキです。

リーダー効果で、デッキの上から2枚をトラッシュに置き、トラッシュのコスト4以下の特徴「スリラーバーク海賊団」を持つキャラカード1枚までを登場させることでキャラを展開していきます。

《ペローナ》OP06-093や《ドクトル・ホグバック》OP06-090などの、優秀なコスト4以下の特徴「スリラーバーク海賊団」を持つカードを出して戦っていきます。

また、《ゲッコー・モリア》OP06-080のリーダー効果は、ドン!!1枚を付けたアタック時に「ドン!!2枚をレスト/手札を1枚捨てる」をすることで発動できます。

環境5位:【黄エネル】

特徴黄 / 空島
戦術耐久
収録ブースターパック第5弾『新時代の主役』

【黄エネル】は、《エネル》OP05-098のリーダー効果でライフが0枚の時に自分のデッキから1枚を、ライフの上に加えられます。毎ターン1回使用できるため、耐久力が非常に優れているデッキです。

最近では、《エネル》OP05-100の採用枚数を多くしたアグロ寄りのデッキが流行しています。

【黄エネル】には、従来の【黄カタクリ】を踏襲しているビックマム型エネルと、新規の空島カードを多く採用した空島型エネルの2種類が存在しています。

どちらのデッキタイプにも《ゲダツ》OP05-102《サトリ》OP05-105《2億V雷神》OP05-115が多く採用されています。

【黄色エネル】の対策は、大型キャラカードを盤面に大量展開して過剰打点を用意することです。

リーダー効果や手札のカウンター値を使用されても勝利できるまで、盤面にキャラを展開する意識を持ちましょう。

環境6位:【緑黄ヤマト】

特徴緑・黄 / ダブルアタック・ビートダウン / パワー5000 / ライフ4枚
収録ブースターパック第6弾『双璧の覇者』

【緑黄ヤマト】は、ダブルアタックで常にプレッシャーをかけながら除去や展開したりとオールマイティにこなせるデッキです。

《ヤマト》OP06-022は、初の「ダブルアタック」持ちのリーダー

また、リーダー効果で相手のライフが3枚以下の場合に、自分のキャラにレストのドン!!カードを2枚付けられるため、キャラを出しつつパワーをあげて攻撃していくことができます。

攻撃がすべてダブルアタックになるため、相手のライフを3枚以下にするのは、他のリーダーに比べて容易です。

環境7位:【黒黄ルフィ】

特徴黒黄 / 超新星・麦わらの一味
戦術表向きライフ追加/耐久
収録アルティメットデッキ『三兄弟の絆』

リーダー効果で、ライフが0枚の時手札かトラッシュから表向きのライフを2枚追加します。

表向きのカードはデッキの下に置かれるため、トリガーを発動できません
※表または裏向きのトリガーはライフから手札に加える時に発動可能です。

基本的に表向きのライフは、《モンキー・D・ルフィ》ST13-014などの子供三兄弟の効果で、《モンキー・D・ルフィ》ST13-015などの大人三兄弟を登場させるために使用します。

デッキにブロッカーが多く採用されており、《サボ》OP04-083が高騰しています。

環境8位:【緑黒ペローナ】

特徴緑黒 / 効果選択・ビートダウン・スリラーバーグ海賊団 / パワー5000 / ライフ4枚
収録ブースターパック第6弾『双璧の覇者』

【緑黒ペローナ】の《ペローナ》OP06-021は、相手キャラのコストを下げる効果と、コスト4以下の相手キャラをレストにする効果の2つから、場面に応じて能力を選択できる強力なリーダーです。

相手が2ターン目に登場させるコスト4のアタッカーやブロッカーをレストにしてアタックできたり、コストを下げて《ロブ・ルッチ》OP05-093でKOできたりと、序盤から盤面の制圧に長けたリーダーといえます。

盤面を制圧した後は、《ゲッコー・モリア》OP06-086や《ロロノア・ゾロ》OP06-118などのフィニッシャーカードを展開して勝利を目指すのがデッキコンセプトです。

環境9位:【赤ニューゲート|赤白ひげ】

特徴赤 / 白ひげ海賊団
戦術スーサイド
収録ブースターパック第2弾『頂上決戦』

「ライフ6/パワー6000」と高スタッツの代わりに、毎ターンライフを1枚手札に加えなければいけないデメリット効果を持つリーダー《エドワード・ニューゲート》OP02-001のスーサイドデッキ。

このデッキは、リーダーのパワー6000というのが攻守に優れており強力です。

また、《エドワード・ニューゲート》OP02-001は毎ターンライフを1枚手札に加えなければいけないデメリットがありますが、同時に手札が増えるというメリットでもあります。

第2弾からずっと環境デッキとして君臨していましたが、特に優秀な新規カードもなく、順位を落としました。

しかし、環境TOPの【青黒サカズキ】に、リーダーパワーが6000であることや高パワーのキャラをテンポよく登場させられる点が有利なため、10月中盤から環境デッキとして注目されています

【赤ニューゲート】の対策は、デッキの下に送る効果を持った除去カードの使用です。

《マルコ》OP02-018は、KOされてもトラッシュから戻ってくる効果があるため、デッキの下に送るのが効果的な除去手段になります。

環境10位:【赤黄サボ】

特徴赤黄 / ドレスローザ・革命軍
戦術表向きライフ追加
収録アルティメットデッキ『三兄弟の絆』

リーダー効果で、コスト3以上のかつパワー7000以上のキャラを表向きでライフに加えます。

「元々のパワーが7000以上のキャラ」ではないため、コスト3のキャラにドン!!をつけることで、パワー7000以上の条件を満たすことができます。

環境11位:【緑ウタ】

特徴緑/パワー5000/ライフ5枚
戦術ビートダウン・ミッドレンジ/連打
収録スタートデッキ『Side ウタ』

【緑ウタ】は、デッキカードの大多数を特徴「FILM」のカードにすることで、実質毎ターンサーチができるため、リソース勝負のロングゲームに強いリーダーです。

特徴「FILM」を持つキャラカードで、中盤からビートダウンを行い、勝利を目指します

実質0コストでサーチができる《新時代》ST11-004や2コストで5コストのキャラカードをKOできる《逆光》ST11-003など、まさに新時代と呼ぶにふさわしい専用パワーカードが用意されているのが【緑ウタ】の強みです。

スタートデッキ『ゾロ&サンジ』に収録されている《ジュラキュール・ミホーク》ST12-003によって、さらに構築の幅が広がりました。

【緑ウタ】の対策は、高パワーのキャラカードを盤面に登場させることです。

【緑ウタ】は、高コストでパワーの高いキャラを除去する手段に乏しいため、意識的にプレイするのが大切です。

環境12位:【赤紫ルフィ】

特徴赤・紫 / 麦わらの一味
戦術ドン!!追加
収録アルティメットデッキ『“三船長”集結』

【赤紫ルフィ】は序盤から中盤にかけて一気にドン!!カードを加速し、《エドワード・ニューゲート》《モンキー・D・ルフィ》ST10-006などの強力なフィニッシャーカードを早い段階で相手に押し付けられるのが強みです。

リーダー効果により、9コス《エドワード・ニューゲート》を最速4ターン目で出すことができます

また、【赤紫ルフィ】はリーダーのパワーが6000であるため、相手のパワー5000リーダーは最低でもドン!!カードを1枚つけないとアタックできません。

そのため、単純なカードパワーが高く、現環境では使用率の高いリーダーとなっています。

【赤紫ルフィ】の弱点は、ライフが3枚しかない点です。しかし、カウンター値を持つキャラが豊富に採用されていることや《エドワード・ニューゲート》OP02-004によるパワー向上でライフを削りきるのが容易ではありません

【赤紫ルフィ】と戦う場合は、焦らないで盤面とライフ両方にバランスよく攻撃して、手札を削っていきましょう。

環境13位:【緑キッド】

特徴ミッドレンジ / 超新星
戦術「超新星」キャラのシナジーを活かして戦う。
収録スタートデッキ『最悪の世代』

【青紫レイジュ】

特徴青・紫 / パワー5000 / ライフ4枚
収録ブースターパック第6弾『双璧の覇者』

リーダー効果で、ターンに1回ドン!!カードがドン!!デッキの戻されたとき、1ドローします。

【青紫レイジュ】は、後攻がおすすめです。

後攻2ターン目からの4コスト《ヴィンスモース・イチジ》が強力で、ドン!!を1枚戻すことで手札かトラッシュの7コスト《ヴィンスモース・イチジ》に入れ替わることができます。

マリガン基準は、《ジェルマ王国》と7コスト《ヴィンスモース・イチジ》が理想です。

【青黄エース】

特徴青黄 / 白ひげ海賊団
戦術表向きライフ追加
収録アルティメットデッキ『三兄弟の絆』

リーダー効果で、デッキの上5枚の中からコスト5以下のキャラを表向きでライフに加えることができます。

自分のターン終了時に表向きのライフはトラッシュされため、《モンキー・D・ルフィ》ST13-014などの子供三兄弟の効果で、《モンキー・D・ルフィ》ST13-015などの大人三兄弟を登場させるのに使用します。

【紫ルフィ】

特徴紫 / 麦わらの一味
戦術ドン!!追加
収録ブースターパック第5弾『新時代の主役』

【紫ルフィ】は、リーダー効果を駆使しながら《マゼラン》OP02-085で相手を妨害し、《ユースタス・キッド》ST10-013でリーダーのパワーを向上させます。

パワーが6000になった《モンキー・D・ルフィ》OP05-060やフィニッシャーの《カイドウ》ST04-003でライフを削り切り勝利を目指します。

環境TOPの【青黒サカズキ】が苦手な点や構築に変化がなく飽きられている点から使用率が減っていますが、単純なデッキパワーの高さは健在です。

【紫ルフィ】の対策としては、キャラカードを的確に除去して盤面を優位に進めることです。

また、《トラファルガー・ロー》ST10-010の採用が多いため、手札の枚数を7枚以下に調整しながら戦いましょう。

【青ナミ】

特徴青 / 特殊勝利
戦術自分の山札を0枚にして特殊勝利する。
収録ブースターパック第3弾『強大な敵』

【青ナミ】は自分のデッキが0枚になった場合に、勝利できる効果を活用してエクストラウィンを狙います。

そのため、通常のデッキにようにキャラカードはそこまで採用されておらず、代わりに《メロメロ甘風》ST03-017《DEATH WINK》OP02-069《ゴムゴムの大槌》OP03-055などのカウンターカードが多く採用されているのが特徴です。

【青ナミ】対面の場合は、できるだけキャラクターカードを横展開し、とにかく攻め手を多くしましょう。

【赤緑ロー】

特徴赤・緑 / 超新星 / ハートの海賊団
戦術ミッドレンジ
収録ブースターパック『ROMANCE DAWN』

リーダーの《トラファルガー・ロー》OP01-002の効果で《トラファルガー・ロー》OP01-047を場に出し、登場時効果で《ロロノア・ゾロ》OP01-025と入れ替え、速攻でライフを削るコンボが強力。

キャラカードの入れ替え先やドン!!カードの枚数管理など、考えることが多く難しいデッキとして知られていますが、上手なプレイヤーが使用した時のデッキパワーが非常に高く、環境デッキとして君臨しています。

環境TOPの【青黒サカズキ】を苦手としているため、10月の中盤から使用率が下がっている傾向にあります。

しかし、フラッグシップバトルの優勝報告などもあるため、1弾のリーダーながら今後も活躍に期待できそうです。

【赤緑ロー】の対策は、デッキの理解度を深めることです。【赤緑ロー】はテクニカルな動きでライフを削ってきます。

そのため、【赤緑ロー】に対する理解が無ければ、守るべき箇所や攻撃するべきキャラカードが分かりません。一度、記事や動画で勉強するのがおすすめです。

【赤ゾロ】

特徴赤 / 麦わらの一味
戦術アグロ
収録ブースターパック『ROMANCE DAWN』

【赤ゾロ】は、低コストキャラを並べて速攻で相手のライフを削り切るデッキです。

デッキの内容は、新環境になってもあまり変化していません。白ひげ型で《火拳》OP05-019《ゴードン》P-013を4枚ずつ採用し、除去を強くしたデッキが流行しています。

【赤紫ルフィ】【紫ルフィ】などのドン!!加速デッキには、まだまだ通用しますが、【黄エネル】【青黒サカズキ】などのコントロール対面に弱く、今環境では使用者数が減っています。

しかし、【赤ゾロ】に愛着のある人は、使い続ける価値のあるデッキです。

【赤ゾロ】の対策は、ブロッカーや的確な除去です。

相手の盤面が整う前に、《ロブ・ルッチ》OP05-093などで除去してしまいましょう。

【赤黄ベロ・ベティ】

特徴赤・紫 / ハートの海賊団
戦術アグロ/ビートダウン
収録ブースターパック第5弾『新時代の主役』

【赤黄ベロ・ベティ】は、特徴「革命軍」とトリガー効果を持つキャラを多く採用し、《ベロ・ベティ》OP05-002のリーダー効果でパワーを+3000することで、いち早く相手のライフを削りきるアグロタイプのデッキです。

低コストのキャラクタカードを順調に展開でき、ライフからトリガー持ちのキャラを登場させられた時の破壊力とスピードはすさまじいですが、運要素が大きく環境上位の使用率ではありません。

また、手札のリソースを確保する手段が乏しく、一度コントロールデッキに盤面を処理された場合、逆転するのが難しいでしょう。

とにかく簡単で分かりやすく、強いデッキを使用したい場合は、非常におすすめです。ワンピースカードを始めたい友達がいる場合は、【赤黄ベロ・ベティ】をおすすめしてみてください

【赤黄ベロベティ】の対策は、盤面の取り合いに負けないことです。

盤面の取り合いに負けてしまうと、相手のキャラカードが大量に展開され、一気にライフが削られてしまいます。できるだけパワーの高いキャラカードを登場させながら、ライフよりもキャラを優先して攻撃しましょう。

【赤エース】

特徴赤 / コントロール
戦術ミッドレンジ / 除去 / イベント
収録ブースターパック第3弾『強大な敵』

【赤エース】は、《海震》OP02-021《炎帝》OP03-016《火拳》OP03-018《ゴムゴムのJET銃》ST01-015《十字火》OP03-017などの相手のキャラのパワーを下げたり、KOする効果を持つイベントを多く採用した「除去コントロール型」のデッキです。

コントロールしたのち、《ポートガス・D・エース》OP02-013《エドワード・ニューゲート》OP02-004でライフを攻撃していきます。

《炎帝》OP03-016《ゴムゴムのJET銃》ST01-015などの除去カードが環境TOPの【紫ルフィ】相手に強く、使用率と勝率共に10月から伸び続けています。

【青黄クイーン】

特徴青・黄 / 百獣海賊団

【青黄クイーン】は、10月に入ってからジュニアフレンドリーカップやフラッグシップバトルの優勝報告が多数あがり、注目されているデッキです。

【青黄クイーン】は、新弾で登場した《カイドウ》OP05-118が採用されており、さらにロングゲームに強くなりました。また、環境TOPの【紫ルフィ】相手に粘り勝ちできるため、有利とされており、使用率を伸ばしています。

また、赤系のデッキが少なくなったことにより《ボア・ハンコック》ST03-013《トラファルガー・ロー》ST03-008が効果的に活用できます。

【緑紫ドフラミンゴ】

特徴緑・紫 /王下七武海/ドンキホーテ海賊団
戦術カウンター / 耐久

《ドンキホーテ・ドフラミンゴ》OP04-019の自分のターン終了時、自分の「ドン!!」2枚までを、アクティブにするリーダー効果を使って戦っていく耐久力の高いデッキです。

キャラに付けた「ドン!!」はアクティブにできないので注意。

自分のターンにドン!!カードを使い切っても、ターン終了時にリーダー効果で2枚アクティブになるため、10コストの《ドンキホーテ・ドフラミンゴ》OP04-031を最も効果的に使用できるデッキといえます。

【緑紫ドフラミンゴ】は、FILM型とドンキホーテ海賊団型が存在します。前環境では、FILM型が流行していましたが、ブースターパック第5弾『新時代の主役』《ベビー5》OP05-034《舞踏石》OP05-038が登場したことにより、ドンキホーテ海賊団型が流行中です。

《ドンキホーテ・ドフラミンゴ》OP04-019のリーダー効果は汎用性が高いため、今後も環境に居続けるリーダーと推測できます。

【青黒レベッカ】

特徴青・黒 / ドレスローザ
戦術コントロール

リーダー効果で、毎ターンデッキから「ドレスローザ」を持つカードをサーチし、リソースを増やしていくデッキです。

強いリーダー効果の代わりに、リーダーは攻撃できない制約が付いていますが、《キュロス》OP04-082の効果でレストにするなどして無駄なく立ち回ります。

毎ターン手札が1枚増えるので、カウンターで自分のキャラを守りやすくなります。
また、リーダー効果では2枚しかみれないため、「ドレスローザ」のカードを多く採用した構築となっています。

《コリーダ・コロシアム》OP04-096で、自分の「ドレスローザ」のキャラを登場時からアタック出来るようになり、《ギャッツ》OP04-080《モンキー・D・ルフィ》OP04-090の効果で相手のアクティブのキャラをKOできるのも強力です。

現環境では、《オオロンブス》OP04-079などの効果で、相手のキャラのコストを下げ、《三・千・世・界》OP03-057でデッキに戻す構築が多くなってきています。

【黄リンリン】

特徴黄 / ビッグ・マム海賊団 / ライフ操作

アタック時に自分のライフを手札に加えることができ、ライフが2以下の場合は手札からライフへカードを加える効果を持つリーダー《シャーロット・リンリン》ST07-001をはじめとした、自分・相手へのライフ操作を行うデッキ。

【黒黄リンリン】

特徴黒・黄 / ライフ操作
戦術ライフが1枚のとき、リーダー《シャーロット・リンリン》OP03-077の効果でライフを回復する。

【青ドフラミンゴ】

特徴ミッドレンジ / 王下七武海
戦術デッキトップを操作することでコスパ良く盤面を稼ぐ。
コストを踏み倒して大量展開する。

ワンピースカード過去の環境

2024年1月

2023年12月

ワンピースカード2023年12月環境Tier(ティア)表

2023年11月

ワンピースカード2023年11月環境Tier(ティア)表
ワンピースカード11月環境 有利不利相関図

2023年10月

ワンピースカード2023年11月環境有利不利相関図

2023年9月

有利不利相関図

2023年8月

2023年6月

2023年5月

2022年9月

ワンピースカードゲーム有利不利相関図2022年9月

2022年8月

ワンピカード8月環境有利不利相関図

記事をシェア

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

1件のコメント

コメントを残す

two + twenty =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。