【緑黒ペローナ】デッキの回し方・相性の良いカード【入門向け徹底解説|ワンピースカード】

記事の感想をコメントしよう! 0


≫ ワンピ新弾予約・商品一覧


【緑黒ペローナ】の特徴

  • 火力
    3
  • スピード
    3
  • 守り
    4
  • 逆転
    5
  • 難易度
    4
特徴緑黒 / 効果選択・ビートダウン・スリラーバーグ海賊団 / パワー5000 / ライフ4枚
収録ブースターパック第6弾『双璧の覇者』

【緑黒ペローナ】デッキコンセプト・強みと弱み

【緑黒ペローナ】は、2023年11月25日(土)に発売のブースターパック第6弾『双璧の覇者』に収録される「ライフ4/パワー5000」の混色リーダー《ペローナ》OP06-021を使用したデッキです。

《ペローナ》OP06-021は、相手キャラのコストを下げる効果とコスト4以下の相手キャラをレストにする効果の2つから、場面に応じて能力を選択できる強力なリーダーです。

相手が2ターン目に登場させるコスト4のアタッカーやブロッカーをレストにしてアタックできたり、コストを下げて《ロブ・ルッチ》OP05-093でKOできたりと、序盤から盤面の制圧に長けたリーダーといえます。

盤面を制圧した後は、《ゲッコー・モリア》OP06-086や《ロロノア・ゾロ》OP06-118などのフィニッシャーカードを展開して勝利を目指すのがデッキコンセプトです。

強みと弱み

強み
  • 状況に応じてリーダー効果を選択できる
  • 【青黒サカズキ】で使用されているコンボカードをそのまま採用できる

《ペローナ》OP06-021は、相手キャラのコストを下げる効果とコスト4以下の相手キャラをレストにする効果を状況に応じて選択できます。リーダー効果を使用しないターンが少ないことは、相手よりもアドバンテージを稼いで優位にゲームを進められている証拠です。

また、リーダーが緑と黒の混色になるため、現環境TOPの【青黒サカズキ】で使用されているコンボや《ロブ・ルッチ》OP05-093などの強力なカードを採用できるのが強みです。

弱み
  • 特徴「スリラーバーク海賊団」のカードプールが少ない

《ペローナ》OP06-021は、特徴「スリラーバーグ海賊団」を持つリーダーカードです。リーダー効果に直接的な影響はありませんが、特徴「スリラーバーグ海賊団」のカードプールが少ないため、特徴を活かした戦術は立てにくいといえます。

「@TCG」でデッキ作成!

【緑黒ペローナ】主要カード・キーカード一覧

《ペローナ》OP06-021

《ペローナ》OP06-021は、ライフ4/パワー5000の標準的なスタッツを持つ混色リーダーです。

相手キャラのコストを下げる効果とコスト4以下の相手キャラをレストにする効果を状況に応じて選択できるため、序盤から状況に応じて相手キャラをKOできます。

《ペローナ》(リーダー)

緑黒 スリラーバーク海賊団
【起動メイン】【ターン1回】以下から1つを選ぶ。
・相手のコスト4以下のキャラ1枚までを、レストにする。
・相手のキャラ1枚までを、このターン中、コスト-1。

《ゲッコー・モリア》OP06-086

《ゲッコー・モリア》OP06-086は、【緑黒ペローナ】の終盤を支えるフィニッシャーカードです。

効果的に使用するためには、常に自分のトラッシュにいるキャラを把握しながら戦う必要があります。さまざまなカードをデッキに採用すれば、テクニカルな動きで相手を翻弄できるでしょう。

《ゲッコー・モリア》

黒 王下七武海/スリラーバーク海賊団
【登場時】自分のトラッシュのコスト4以下のキャラカード1枚までとコスト2以下のキャラカード1枚までを選び、1枚を登場させ、残りをレストで登場させる。

《ロブ・ルッチ》OP05-093

《ロブ・ルッチ》OP05-093は、【緑黒ペローナ】の中盤における盤面制圧で効果的なカードです。

相手キャラのコストを下げることで、1ターンに2体までキャラをKOできるため4枚採用したい強力なカードといえます。

《ロブ・ルッチ》

黒 CP0
【登場時】自分のトラッシュのカード3枚を好きな順番でデッキの下に置くことができる:相手の、コスト2以下のキャラ1枚までとコスト1以下のキャラ1枚までを、KOする。

《レベッカ》OP05-091

《レベッカ》OP05-091は、ブロッカー能力でライフを守ったりトラッシュから強力なカードを手札に加えたりと、終始デッキを支える【緑黒ペローナ】のキーカードです。

しかし、黒色のキャラしか手札に加えられない縛りがあるため、緑のカードとコンボができないところに注意してください。

《レベッカ》

黒 ドレスローザ
【ブロッカー】
【登場時】自分のトラッシュの「レベッカ」以外のコスト3から7の黒のキャラカード1枚までを、手札に加える。その後、自分の手札からコスト3以下の黒のキャラカード1枚までを、レストで登場させる。

《リューマ》OP06-036

《リューマ》OP06-036は、【緑黒ペローナ】の序盤における盤面制圧で有効的な1枚です。

相手が2ターン目に登場させてくるコスト4のキャラを《ペローナ》OP06-021のリーダー効果と、《リューマ》OP06-036の登場時効果で簡単に処理できます。

《リューマ》

緑 ワノ国/スリラーバーク海賊団
【登場時】/【KO時】相手のレストのコスト4以下のキャラ1枚までを、KOする。

created by Rinker
ノーブランド品
¥165 (2024/02/26 17:09:41時点 Amazon調べ-詳細)

【緑黒ペローナ】基本的な動き

STEP

序盤は、《タララン》OP06-089や《犬っぺ》OP06-082の効果を活用して、中盤に必要なカードを手札に加えたり、トラッシュの枚数を増やしておきましょう

《タララン》OP06-089は、登場時とKO時にデッキの上から3枚をトラッシュにおける強力なカードです。しかし、トラッシュの枚数が足りてくる終盤は、あまり役目がないため採用枚数や使いどころに注意しましょう。

《タララン》OP06-089の効果でトラッシュに送りたいカードは、《ヒナ》ST06-008や《ペローナ》OP06-093です。どちらのカードも、《レベッカ》OP05-091や《ゲッコー・モリア》OP06-086の効果で、有効的に活用できます。

また、《犬っぺ》OP06-082で、《ロブ・ルッチ》OP05-093や《リューマ》OP06-036を手札に加えておけば、中盤からの盤面制圧で大いに活躍が期待できます。

STEP

中盤は、とにかく盤面の相手キャラを除去できるカードが必要です。おすすめのカードは、《X・ドレーク》OP01-054や《リューマ》OP06-036です。

《X・ドレーク》OP01-054や《リューマ》OP06-036は、相手のレストのキャラをKOできる効果があります。そのため、リーダーの《ペローナ》OP06-021が使用できる効果と相性抜群です。

特に《リューマ》OP06-036は、【紫ルフィ】や【黒ゲッコー・モリア】が先行2ターン目で登場させてくるコスト4のキャラを、後攻で簡単にKOできるため盤面制圧力に長けています。

また、《ブルック》OP06-092をデッキに採用すれば、KOに耐性がある《ボルサリーノ》OP02-114を簡単に除去できます。

《ブルック》OP06-092は、KOではなくトラッシュに送る能力なので、相手はKO時効果を使用できません。

STEP

終盤は、《ゲッコー・モリア》OP06-086や《ロロノア・ゾロ》OP06-118などのフィニッシャーカードを展開しましょう。

フィニッシャーカードの多くは、相手にブロッカーがいるとゲームを決めきれません。しかし、《ペローナ》OP06-021のリーダー効果で、コスト4以下の相手ブロッカーをレストにできます。

フィニッシャーカードが相手に除去されなければ、【緑黒ペローナ】の攻め切る力は高い傾向にあります。そのまま相手のライフを削り切り、勝利を目指してください。

【緑黒ペローナ】デッキ構築のコツ

大会優勝・入賞デッキを参考にする

大会で実績のあるデッキを参考にすると、採用カードの枚数や相性の良いカードなどが分かりやすいです。

入門者向けサンプルデッキレシピ

https://at-tcg.com/onepiece/decks/clcr8e29io6g02u2h7og

「@TCG」でデッキ作成!

50枚デッキ
4《つる》OP02-106
4《犬っぺ》OP06-082
2《ヘルメッポ》ST06-010
2《タララン》OP06-089
2《ヒナ》ST06-008
4《たしぎ》ST06-006
4《リューマ》OP06-036
4《ペローナ》OP06-093
4《ロブ・ルッチ》OP05-093
4《レベッカ》OP05-091
4《X・ドレーク》OP01-054
4《サボ》OP04-083
4《ゲッコー・モリア》OP06-086
4《大噴火》ST06-015
リーダー
《ペローナ》OP06-021

【緑黒ペローナ】プレイングのコツ・注意点

マリガンの基準を決める

【緑黒ペローナ】を使用する場合は、事前にある程度のマリガン基準を定めておくのがおすすめです。

マリガン基準のおすすめは、以下の通りです。

  • 《リューマ》OP06-036
  • 《犬っぺ》OP06-082

《リューマ》OP06-036は、序盤から中盤の盤面制圧力に優れています。《ペローナ》OP06-021のリーダー効果と相性が良いため、マリガン基準として最適な1枚です。

《リューマ》

緑 ワノ国/スリラーバーク海賊団
【登場時】/【KO時】相手のレストのコスト4以下のキャラ1枚までを、KOする。

《犬っぺ》OP06-082は、必要なカードを手札に加えられる可能性が高まるカードです。トラッシュの枚数を2枚増やせるのも魅力的といえます。

《犬っぺ》

黒 スリラーバーク海賊団
【登場時】/【KO時】自分のリーダーが特徴《スリラーバーク海賊団》を持つ場合、カード2枚を引き、自分の手札2枚を捨てる。

created by Rinker
ノーブランド品
¥98 (2024/02/26 19:33:31時点 Amazon調べ-詳細)

《レベッカ》《ヒナ》《ロブ・ルッチ》のコンボを使用する

【緑黒ペローナ】では、環境TOPの【青黒サカズキ】で使用されている《レベッカ》OP05-091と《ヒナ》ST06-008、《ロブ・ルッチ》OP05-093のコンボが使用できます。

そのため、コンボの流れを事前に把握して有効的に活用していきましょう。

ドン!!カードが8枚以上あるターンで、まずは《レベッカ》OP05-091を登場させてトラッシュから《ヒナ》ST06-008か《ロブ・ルッチ》OP05-093を手札に加えます。

《レベッカ》OP05-091の効果で加えるのは、手札に準備できていないキャラにしましょう。

《レベッカ》

黒 ドレスローザ
【ブロッカー】
【登場時】自分のトラッシュの「レベッカ」以外のコスト3から7の黒のキャラカード1枚までを、手札に加える。その後、自分の手札からコスト3以下の黒のキャラカード1枚までを、レストで登場させる。

《ヒナ》

黒 海軍
【登場時】相手のキャラ1枚までを、このターン中、コスト-4。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥480 (2024/02/26 11:37:34時点 Amazon調べ-詳細)
《ロブ・ルッチ》

黒 CP0
【登場時】自分のトラッシュのカード3枚を好きな順番でデッキの下に置くことができる:相手の、コスト2以下のキャラ1枚までとコスト1以下のキャラ1枚までを、KOする。

次に、《レベッカ》OP05-091の効果で盤面に《ヒナ》ST06-008を登場させ、相手キャラのコストを-4します。

その後、4ドン!!で《ロブ・ルッチ》OP05-093を登場させ、コストを下げた相手キャラをKOすることで、除去しながら盤面にキャラを3体展開できます。

《大噴火》ST06-015や《氷河時代》OP02-117と組み合わせれば、相手の高コストキャラを2体処理することも不可能ではありません。

《大噴火》

黒 海軍
【メイン】カード1枚を引く。その後、相手のキャラ1枚までを、このターン中、コスト-2。
【トリガー】相手は自身の手札1枚を選び、捨てる。

《氷河時代》

黒 海軍
【メイン】相手のキャラ1枚までを、このターン中、コスト-5。
【トリガー】相手のコスト3以下のキャラ1枚までを、KOする。

黒色のリーダーカードを使用するのであれば、必ず覚えておきたいコンボの1つです。

トラッシュの枚数を意識する

【緑黒ペローナ】を使用する場合は、トラッシュの枚数とカードを常に意識しながら戦いましょう。

【緑黒ペローナ】には、《ロブ・ルッチ》OP05-093などのトラッシュをデッキに戻して効果を発揮するカードと《ゲッコー・モリア》OP06-086のような、トラッシュのカードを有効的に利用するカードが混在しています。

《ロブ・ルッチ》

黒 CP0
【登場時】自分のトラッシュのカード3枚を好きな順番でデッキの下に置くことができる:相手の、コスト2以下のキャラ1枚までとコスト1以下のキャラ1枚までを、KOする。

《ゲッコー・モリア》

黒 王下七武海/スリラーバーク海賊団
【登場時】自分のトラッシュのコスト4以下のキャラカード1枚までとコスト2以下のキャラカード1枚までを選び、1枚を登場させ、残りをレストで登場させる。

そのため、トラッシュの枚数やカードを把握していないと、想像した理想の動きができずに負けてしまうでしょう。

《ゲッコー・モリア》OP06-086の効果で盤面を強くするためには、《ボルサリーノ》OP02-114などのブロッカーと登場時効果を持つ《リューマ》OP06-036のようなキャラが、トラッシュにいることが理想です。

《ボルサリーノ》

黒 海軍
【相手のターン中】このキャラは効果でKOされず、パワー+1000。
【ブロッカー】(相手のアタックの後、このカードをレストにし、アタックの対象をこのカードにできる)

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥6,000 (2024/02/25 22:49:04時点 Amazon調べ-詳細)
《リューマ》

緑 ワノ国/スリラーバーク海賊団
【登場時】/【KO時】相手のレストのコスト4以下のキャラ1枚までを、KOする。

環境によって構築を柔軟に変える

【緑黒ペローナ】で勝率を高めるためには、環境の変化によって柔軟に構築を変更する必要があります。

《ボルサリーノ》OP02-114などのブロッカーやフィニッシャーに《クザン》OP02-121が有効的な環境になった場合は、特徴「海軍」をサーチできる《ブランニュー》OP03-089を採用するのがおすすめです。

《クザン》

黒 元海軍
【自分のターン中】相手のキャラすべてをコスト-5。
【登場時】相手のコスト0のキャラ1枚までを、KOする。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥2,450 (2024/02/26 02:06:42時点 Amazon調べ-詳細)
《ブランニュー》

黒 海軍
【登場時】自分のデッキの上から3枚を見て、「ブランニュー」以外の特徴《海軍》を持つカード1枚までを公開し、手札に加える。その後、残りをトラッシュに置く。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥6,000 (2024/02/25 22:49:04時点 Amazon調べ-詳細)

また、KO時効果のカードが多い環境では、《ブルック》OP06-092によるトラッシュに送る効果がメタとして働きます。

《ブルック》

黒 元ルンバー海賊団
【登場時】以下から1つを選ぶ。
相手のコスト4以下のキャラ1枚までを、トラッシュに置く。
相手は自身のトラッシュのカード3枚を好きな順番でデッキの下に置く。

ほかにも、除去手段の少ない黄色が環境に多い場合は、フィニッシャーに《ロロノア・ゾロ》OP06-118を採用しましょう。

《ロロノア・ゾロ》

緑 麦わらの一味 
【アタック時】【ターン1回】➀(コストエリアのドン!!を指定の数レストにできる):このキャラをアクティブにする。
【起動メイン】【ターン1回】➁(コストエリアのドン!!を指定の数レストにできる):このキャラをアクティブにする。

《ロロノア・ゾロ》OP06-118対策で、《ゴムゴムの業火拳銃》OP04-056を採用したデッキが流行した場合は、大型フィニッシャーを採用するよりも盤面にキャラを並べてビートダウンができる構築にするほうがいいかもしれません。

《ゴムゴムの業火拳銃》

青 麦わらの一味
【メイン】キャラ1枚までを、持ち主のデッキの下に置く。
【トリガー】コスト4以下のキャラ1枚までを、持ち主のデッキの下に置く。

created by Rinker
ノーブランド品
¥255 (2024/02/26 11:38:00時点 Amazon調べ-詳細)

ワンピースカードもブースターパック第6弾『双璧の覇者』が発売され、カードプールが増えてきました。環境によって柔軟に構築を変えて勝率を安定させることが、プレイヤー自身の実力になります。

【緑黒ペローナ】相性の良いカード

オススメのブロッカー

created by Rinker
ノーブランド品
¥248 (2024/02/26 00:03:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥280 (2024/02/26 15:19:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥1,680 (2024/02/26 02:06:39時点 Amazon調べ-詳細)

オススメのキャラ

created by Rinker
ノーブランド品
¥5,460 (2024/02/25 23:50:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ノーブランド品
¥112 (2024/02/26 17:26:53時点 Amazon調べ-詳細)

オススメのカウンター

created by Rinker
ノーブランド品
¥82 (2024/02/26 13:17:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥80 (2024/02/26 16:11:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥77 (2024/02/26 11:58:28時点 Amazon調べ-詳細)

記事をシェア

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

8 − one =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。