【遊戯王2022年9月環境】最強デッキランキング・サイドデッキ頻出カード【環境トップおすすめデッキ|OCG・マスターデュエル】

遊戯王 新弾商品一覧 >


目次

最新の禁止カードと最新弾

▼10月1日からの禁止・制限カードはこちら

▼9月30日までの禁止・制限カードはこちら

禁止・制限カードは3ヶ月ごとに改訂されます。(1・4・7・10月)

今後の注目ポイント

OCG:2022年9月環境最強デッキランキング

遊戯王8月環境有利不利相関図
順位デッキテーマ
1位イシズティアラメンツ
2位スプライト
3位深淵の獣(ビーステッド)
4位エクソシスター
5位エルドリッチ・烙印エルド
10月から注目のデッキ
暗黒界未界域
クシャトリラ
エンディミオン
ふわんだりぃず
神碑(ルーン)
アダマシア
ラビュリンス
ドラゴンメイド
斬機
トライブリゲード・LL鉄獣戦線・烙印鉄獣
大会結果、Twitterなどを参考に作成

相関図では、デッキテーマを「展開型」「ミッドレンジ」「コントロール」の大きく3つに区分して単純化しています。

現代の遊戯王OCGは、他TCGに比べて明確な有利不利がありません。あくまで各デッキの大まかな役割を認識する程度のものとして参考にしてください。

  • 「展開型」対「コントロール」の対戦では、「コントロール」が安定する前に制圧できる盤面を展開する「展開型」が有利です。
  • 「ミッドレンジ」対「展開型」の対戦では、「ミッドレンジ」には多くの手札誘発カードが採用されるため、「展開型」が先攻で理想の動きをできないように妨害することができます。「展開型」より「ミッドレンジ」の方がリソースの維持にも長けているため、徐々にアドバンテージ差が出てきます。
  • 「コントロール」対「ミッドレンジ」の対戦では、「コントロール」には、ミッドレンジの手札誘発カードと比較して、魔法・罠のリソースがはるかに効率的であるという利点があり、ゲーム後半になるにつれて顕著になっていきます。

他のテーマのデッキレシピが知りたい方は、テーマ別優勝・入賞デッキレシピ一覧 ▶︎

3/28「YCSJ YOKOHAMA」優勝・入賞デッキ

直近の公式大型大会の結果です。

順位デッキテーマ
優勝【勇者GS】
準優勝【命削り真竜】
ベスト3【@イグニスター】
ベスト4【天威勇者】
ベスト8【天威勇者】
【勇者デスピア】
【勇者デスピア】
【LL鉄獣】
ベスト16【ふわんだりぃず】
【ふわんだりぃず】
【ふわんだりぃず】
【ふわんだりぃず】
【神碑】
【勇者デスピア】
【@イグニスター】

3/28(日)、3000名が参加した「Yu-Gi-Oh! CHAMPIONSHIP SERIES JAPAN YOKOHAMA 2022」の、上位入賞デッキテーマは以上となりました。(試合形式は1デュエル制・制限時間25分)

8/14「日本選手権」優勝・入賞デッキ

順位デッキ
優勝【イシズティアラメンツ】
準優勝【オッドアイズ魔術師竜剣士】(EM竜剣士)
3位【イシズティアラメンツ】
4位【オッドアイズ魔術師竜剣士】(EM竜剣士)

9月14日の大会デッキ分布

https://twitter.com/nextplay_/status/1569890208329662464

【スプライト】、【ティアラメンツ】がトップの環境から、【ビーステッド】と【クシャトリラ】の登場によって変化してきました。

いくつかのデッキが【ビーステッド】と組み合わせた構築で結果を残しており、多くのデッキに《クシャトリラ・フェンリル》が3積みされています。

《未界域のジャッカロープ》の制限解除により【未界域暗黒界】の割合が増えそうです。

環境1位:【ティアラメンツ】デッキ

特徴融合召喚 / ビートダウン
※魔法・罠カードも含め、属する全てのカードが「効果で墓地へ送られた場合」をトリガーとする効果を共通して持つ。
主要カード《ティアラメンツ・シェイレーン》
《ティアラメンツ・レイノハート》
《ティアラメンツ・カレイドハート》
《ティアラメンツ・キトカロス》
《壱世壊=ペルレイノ》
弱点墓地融合に対して《D.D.クロウ》で除外
《ディメンション・アトラクター》《異次元グランド》による全体除外
《次元障壁》による融合召喚メタ
《墓守の罠》などによる墓地メタ

メインデッキ水族3体の「ティアラメンツ」モンスターは、墓地を肥やす効果と、墓地モンスターを素材としてデッキに戻すことで融合召喚する共通効果を持っています。

条件も非常に緩いため、《エルシャドール・ミドラーシュ》《捕食植物ドラゴスタペリア》《召喚獣カリギュラ》など、強力な融合モンスターに繋げることができます。

初動札が少なく自由枠が多いため、手札誘発カードを多数採用でき、環境トップの【スプライト】に対抗する手段を用意できるという強みがあります。

created by Rinker
遊戯王オフィシャルカードゲーム
¥390 (2022/10/05 18:54:27時点 Amazon調べ)
created by Rinker
遊戯王オフィシャルカードゲーム
¥190 (2022/10/05 18:54:28時点 Amazon調べ)

他テーマとの混合構築について

これまで【シャドール】や【烙印】との混合構築が多かったのですが、【イシズ】と組み合わせた構築が主流となりました。

【烙印】では、「ティアラメンツ」モンスターを《神炎竜ルベリオン》の融合素材にすることで、《神炎竜ルベリオン》と「ティアラメンツ」モンスターの融合効果を使用でき、強力な盤面を作ることができます。

【イシズ】では、《古尖兵ケルベク》《古衛兵アギド》手札・デッキから墓地へ送られた際に5枚の墓地肥やしができるため、《宿神像ケルドウ》《剣神官ムドラ》の自身の特殊召喚効果のコストにしたり「ティアラメンツ」カードの墓地肥やし効果に含まれていた場合に、追加で墓地肥やしを行うことができます。

1ターン中に10枚以上の墓地肥やしを行うことも珍しくなく、水族の「ティアラメンツ」モンスター3種が墓地に送られれば合計3回の融合召喚をすることも可能で非常に強力です。

また、【ティアラメンツ】が多い現環境では、ミラーマッチ対策(墓地利用メタ)として《墓守の罠》が採用されることがあります。

created by Rinker
遊戯王オフィシャルカードゲーム
¥1,650 (2022/10/05 11:04:27時点 Amazon調べ)
created by Rinker
遊戯王オフィシャルカードゲーム
¥480 (2022/10/06 08:29:12時点 Amazon調べ)
created by Rinker
遊戯王オフィシャルカードゲーム
¥580 (2022/10/05 12:12:15時点 Amazon調べ)

環境2位:【スプライト】デッキ

特徴エクシーズ召喚・リンク召喚 / 雷族 / ビートダウン
主要カード《スプライト・ブルー》
《ギガンティック・スプライト》
《スプライト・エルフ》
《スプライト・スターター》
弱点《スプライト・スターター》に対しての《灰流うらら》
《ギガンティック・スプライト》に対して《幽鬼うさぎ》
墓地の《粋カエル》に《D.D.クロウ》
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《ラーの翼神竜-球体形》などチェーンブロックを組まないモンスターで強引に突破
《月女神の鏃》で強引に突破
《魔のデッキ破壊ウイルス》

レベル2・ランク2・リンク2モンスターを活用して戦うデッキ。

主に【ガエル】か【素早い】との混合構築が主流で、連続してサーチ・特殊召喚を行い、モンスター効果を無効化するモンスター、魔法・罠効果を無効化するモンスターなど、相手の行動を妨害するモンスターを複数体並べます。

後攻では1ターンで合計8000ダメージを超える打点を並べることも可能で、4月に登場して以来、その圧倒的強さによって一瞬で環境を【スプライト】一色に染めました。

自身の効果で、手札から特殊召喚できる「スプライト」モンスターを展開・サーチし、ランク2の《ギガンティック・スプライト》につなげます。

《ギガンティック・スプライト》の効果でデッキからあらゆるレベル2モンスターをリクルートでき、リンク2《スプライト・エルフ》の効果で、墓地のレベル2モンスターを蘇生、展開、盤面を強固にしていきます。

前述の通り「スプライト」モンスターは自身の効果によって手札から特殊召喚されるため、《灰流うらら》《エフェクト・ヴェーラー》《無限泡影》などの手札誘発ではなかなか止めることができません。

また、《スプライト・レッド》《スプライト・キャロット》を並べることで、相手のモンスター・魔法・罠の効果を無効にできることも、【スプライト】の強さの一つです。

7/1制限改訂により《餅カエル》が禁止カードになり若干の弱体化。

created by Rinker
遊戯王オフィシャルカードゲーム
¥150 (2022/10/05 18:37:46時点 Amazon調べ)
created by Rinker
遊戯王オフィシャルカードゲーム
¥290 (2022/10/05 18:37:47時点 Amazon調べ)

環境3位:【深淵の獣(ビーステッド)】デッキ

戦術ドラゴン族 / 光・闇属性 / ビートダウン
主要カード《深淵の獣ルベリオン》
《深淵の獣マグナムート》
《深淵の獣ドルイドヴルム》
《深淵の獣サロニール》
《深淵竜アルバ・レナトゥス》
《復烙印》
《烙印の獣》
弱点《王宮の鉄壁》
《アーティファクト-ロンギヌス》
《カオスハンター》
などによる除外メタ

自分・相手の墓地の光・闇属性モンスターを除外して、自身を手札から特殊召喚する共通効果を持ちます。

【ティアラメンツ】をはじめとして、現環境は墓地利用が盛んなため、この効果が非常に刺さります。
そのため、他テーマに組み込まれることも多いです。(後述)

デッキの軸となる《深淵の獣ルベリオン》は、「ビーステッド」モンスターをサーチする効果と、「烙印」永続魔法・永続罠を表側表示で置く効果を持っており、《復烙印》《烙印の獣》をセットすることでリソース確保・妨害をします。

「ビーステッド」は「烙印」とシナジーがあり、基本的に【烙印】デッキと組み合わせて構築することが多いです。

created by Rinker
YU-GI-OH!
¥950 (2022/10/05 18:05:56時点 Amazon調べ)

他テーマとの混合構築について

光・闇属性という点で【カオス】や【サンダー・ドラゴン】、ドラゴン族という点も併せて【バスター・ブレイダー】他にも【ドラゴンメイド】【ドラゴンリンク】などなど、様々な組み合わせのデッキが大会で結果を残しています。

環境4位:【エクソシスター】デッキ

戦術エクシーズ召喚 / ビートダウン / コントロール
主要カード《エクソシスター・ステラ》
《エクソシスター・マルファ》
《エクソシスター・ミカエリス》
《エクソシスターズ・マニフィカ》
《エクソシスター・パークス》
弱点《サンダー・ボルト》などによる全体除去
《接触するG》

相手の墓地のカードが墓地から離れることをトリガーに、強力な「エクソシスター」エクシーズモンスターを展開して戦うデッキです。

4月に登場した新規カード《エクソシスター・マルファ》《エクソシスター・リタニア》によって強化されました。

墓地利用に対する強力なメタ効果を有しているテーマで、墓地からカードを手札に加えたり、墓地のモンスターを蘇生する等、相手が墓地に触れる効果が発動すると、一気に有利にデュエルを進めることが可能となります。

created by Rinker
遊戯王OCG
¥920 (2022/10/06 02:50:18時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント
¥590 (2022/10/05 18:13:19時点 Amazon調べ)

環境5位:【エルドリッチ】【烙印エルド】デッキ

戦術罠ビート / コントロール
主要カード《黄金卿エルドリッチ》
《黄金狂エルドリッチ》
《呪われしエルドランド》
《黒き覚醒のエルドリクシル》
《黄金郷のコンキスタドール》
弱点《マクロコスモス》などで除外されると致命的
《墓穴の指名者》で《黄金卿エルドリッチ》にチェーン
《アーティファクト-ロンギヌス》《王家の眠る谷-ネクロバレー》で除外行為そのものを封じられる

幅広いデッキに刺さる《スキルドレイン》《群雄割拠》などが採用できる【罠ビート】型のデッキで、相手がカード破壊の効果を持つカードを引けなければ非常に優位に立ち回れます。

展開型の多くのデッキに刺さる《原始生命態ニビル》などの特殊召喚メタカードが刺さりづらい点も強み。

「黄金郷」「エルドリクシル」カードは墓地で発動できる効果もあり、「黄金郷」カードは「エルドリクシル」カードを、「エルドリクシル」カードは「黄金郷」カードをデッキからセットできます。

この墓地効果によってリソースを半永久的に確保できる点が非常に強力です。

手札誘発系のカードとの噛み合いが悪く採用が難しいため、展開型のデッキの先攻展開を止めることが難しいです。

サイドチェンジ後の弱さ(罠を除去される)を対策するための《烙印融合》を採用した型や、【アンデット】の複合構築などの幅が見られます。

最近では、新カード《澱神アポピス》を採用する構築が増えてきました。

created by Rinker
遊戯王
¥949 (2022/10/06 00:41:02時点 Amazon調べ)

【ふわんだりぃず】デッキ

戦術「アドバンス召喚」&「ビートダウン」
主要カード《ふわんだりぃず×ろびーな》
《ふわんだりぃず×えんぺん》
《ふわんだりぃずと旅じたく》
《烈風の結界像》
《ディメンション・アトラクター》
弱点初動の召喚成功時効果の無効化。

連続で通常召喚を行い、ほとんど特殊召喚をしないため、特殊召喚メタが刺さりにくいデッキです。

リソースの回収にも長けているため息切れもしにくく、さらに《烈風の結界像》《霞の谷の巨神鳥》といった強力な妨害カードを簡単に並べることができます。

これらが並ぶと、相手は風属性モンスターしか特殊召喚できず、魔法・罠・モンスターの効果を1回無効化できます。

さらに相手ターンに2枚バウンスできる《烈風帝ライザー》の召喚も可能です。

エクストラデッキをほとんど使わないため、《浮幽さくら》を採用できる点も魅力。

最近では、《ナンバーズ・エヴァイユ》《発禁令》を採用した構築も人気です。

《ナンバーズ・エヴァイユ》によって《No.86 H-C ロンゴミアント》を出し、《発禁令》を発動して《No.86 H-C ロンゴミアント》を宣言します。

そうすることで、4素材を持つ《No.86 H-C ロンゴミアント》は《発禁令》によってX素材を取り除く効果をなくして永続効果のみ残るため、相手は戦闘で破壊されず他のカードの効果を受けないロンゴミアントを召喚・特殊召喚を封じられて戦うことになります。

「壊獣」モンスターでも対処でいない非常に強力なコンボです。

【デスピア】デッキ

戦術融合召喚 / ビートダウン
主要カード《デスピアの導化アルベル》
《アルバスの落胤》
《烙印融合》
《氷剣竜ミラジェイド》
《神炎竜ルベリオン》
弱点《デスピアの導化アルベル》や《神炎竜ルベリオン》を《相剣大師-赤霄》など「効果無効系」カードでの妨害
《烙印融合》を《灰流うらら》などでデッキ融合の妨害

《アルバスの落胤》を中心としたストーリーに関連するカテゴリのひとつ。

主に「デスピア」カードと「烙印」カードで構成されます。

《氷剣竜ミラジェイド》《ガーディアン・キマイラ》などの強力な融合モンスターを継続的に召喚し、融合素材にした際の効果などでアドバンテージを得ていくテーマです。

『ALBA STRIKE』収録の《烙印融合》によってデッキ融合が可能となり大幅強化されました。

《烙印融合》が一度通れば大量の融合召喚が可能となり、さらに後続の《烙印融合》や《赫の烙印》などをサーチまたはセットすることができるため息切れしにくく、非常に強力なデッキです。

  1. 《デスピアの導化アルベル》を召喚し、①の効果で《烙印融合》を手札に加える
  2. 《烙印融合》を発動し、デッキから《アルバスの烙印》と《悲劇のデスピアン》を墓地に送り、《神炎竜ルベリオン》を融合召喚
  3. チェーン1《悲劇のデスピアン》チェーン2《神炎竜ルベリオン》でそれぞれのモンスター効果を発動する
  4. チェーン2処理:《神炎竜ルベリオン》の①の効果で、自身と《アルバスの落胤》の2体で《氷剣竜ミラジェイド》を融合召喚
  5. チェーン1処理:《悲劇のデスピアン》の②の効果で《デスピアの凶劇》を手札に加える
  6. 《氷剣竜ミラジェイド》の②の効果で《烙印竜アルビオン》を墓地に送り、自身を除外する
  7. エンドフェイズに《烙印竜アルビオン》の②の効果で《赫の烙印》をセット
  8. 相手のメインフェイズ中に墓地の《悲劇のデスピアン》を対象に《赫の烙印》を発動
  9. 《悲劇のデスピアン》を手札に加え、その後手札の《悲劇のデスピアン》と《デスピアの凶劇》、フィールドの《デスピアの導化アルベル》の3体で《ガーディアン・キマイラ》を融合召喚
  10. チェーン1《ガーディアン・キマイラ》チェーン2《悲劇のデスピアン》チェーン3《デスピアの凶劇》で発動
  11. チェーン3処理:《デスピアの凶劇》の②の効果で場外されている《氷剣竜ミラジェイド》を特殊召喚
  12. チェーン2処理:《悲劇のデスピアン》の②の効果で『デスピア』モンスターを手札に加え
  13. チェーン1処理:《ガーディアン・キマイラ》の①の効果で相手フィールドのカードを1枚破壊し、2枚ドロー

盤面:《氷剣竜ミラジェイド》、《ガーディアン・キマイラ》、《赫の烙印》

《氷剣竜ミラジェイド》の除外効果と《赫の烙印》の効果で融合召喚した《ガーディアン・キマイラ》の破壊効果による2妨害。

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥320 (2022/10/05 20:31:49時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥680 (2022/10/05 11:40:13時点 Amazon調べ)

【天威勇者】デッキ

戦術「勇者」ギミック
「ハリラドン」ギミック
主要カード《天威龍-ヴィシュダ》
《幻獣機アウローラドン》
《アークネメシス・プロートス》
《フルール・ド・バロネス》
《源竜星-ボウテンコウ》
弱点《トークンコレクター》によるトークンメタ
《アラメシアの儀》の発動・効果の無効化

【天威】+【勇者】+【ローズ】の組み合わせが多く入賞しています。

《フルール・ド・バロネス》《相剣大師-赤霄》などの妨害札を並べ、スキのない盤面で制圧します。

多くの【天威】デッキに採用されている《アークネメシス・プロートス》は宣言した属性の特殊召喚を封じる効果を持っています。環境トップのデスピアをはじめ、属性が統一されているデッキは少なくないため、こちらも高い制圧力を誇ります。

「勇者」ギミックの《流離のグリフォンライダー》によって、弱点であった手札誘発にも対応できるようになり、安定感・制圧力ともに非常に高く強力なデッキです。

先日YCSJで優勝した【3軸勇者グッドスタッフ】もこのデッキタイプに近い構築です。

  1. 《アラメシアの儀》を発動、効果で《勇者トークン》を特殊召喚し《運命の旅路》を発動。
  2. 手札のレベル7「天威」モンスターを特殊召喚し、《運命の旅路》の②の効果で《騎竜ドラコバック》を手札に加える。
  3. 《運命の旅路》の①の効果で、《流離のグリフォンライダー》を手札に加えて、手札の《騎竜ドラコバック》を墓地へ送り、《騎竜ドラコバック》の③の効果で《勇者トークン》に装備。
  4. 《流離のグリフォンライダー》を自身の①の効果で特殊召喚。
  5. レベル7「天威」モンスターと共に《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》をメインモンスターゾーンにエクシーズ召喚。
  6. 《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》の効果で《バトル・イーグル・トークン》を3体特殊召喚。
  7. 《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》と《バトル・イーグル・トークン》2体で《幻獣機アウローラドン》をリンク召喚し、その①の効果で《幻獣機トークン》を3体特殊召喚。
  8. 《幻獣機アウローラドン》の②の効果で、自身と《幻獣機トークン》1体をリリースして《幻獣機オライオン》を特殊召喚。
  9. 《幻獣機オライオン》と《幻獣機トークン》で《源竜星-ボウテンコウ》をシンクロ召喚。
  10. 《幻獣機オライオン》の効果で《幻獣機トークン》を特殊召喚。
  11. 《源竜星-ボウテンコウ》の①の効果で《竜星の九支》を手札に加えてセットし、②の効果でデッキから《天威龍-アシュナ》を墓地へ送って自身のレベルを7に変更。
  12. 《源竜星-ボウテンコウ》と《幻獣機トークン》で《フルール・ド・バロネス》をシンクロ召喚し、《源竜星-ボウテンコウ》の③の効果で《光竜星-リフン》を特殊召喚。
  13. 《光竜星-リフン》と《幻獣機トークン》で《虹光の宣告者》をシンクロ召喚。
  14. 墓地の《天威龍-アシュナ》の②の効果で、自身を除外して《天威龍-アーダラ》を特殊召喚。
  15. 《天威龍-アーダラ》と《バトル・イーグル・トークン》で《邪竜星-ガイザー》をシンクロ召喚。
  16. 《フルール・ド・バロネス》の①の効果で《邪竜星-ガイザー》を破壊し、《邪竜星-ガイザー》の③の効果で、《相剣師-泰阿》を守備表示で特殊召喚。
  17. 《邪竜星-ガイザー》の破壊により、墓地の《光竜星-リフン》の②の効果で自身を特殊召喚。
  18. 《相剣師-泰阿》の効果で墓地の《邪竜星-ガイザー》を除外し、《相剣トークン》を特殊召喚。
  19. 《相剣トークン》と《相剣師-泰阿》で《相剣大師-赤霄》をシンクロ召喚し、①の効果で《相剣暗転》を手札に加えてセット。
  20. 《相剣師-泰阿》の②の効果で、デッキから《アークネメシス・プロートス》を除外(《虹光の宣告者》がいるため)。
  21. 墓地の《天威龍-アーダラ》の②の効果で、除外されている《アークネメシス・プロートス》を手札に加える。
  22. 墓地の属性の異なるモンスター3体を除外して、《アークネメシス・プロートス》を特殊召喚。

盤面:《フルール・ド・バロネス》、《相剣大師-赤霄》、《アークネメシス・プロートス》、《虹光の宣告者》、《勇者トークン》、《光竜星-リフン》、《竜星の九支》、《相剣暗転》、《騎竜ドラコバック》、《運命の旅路》

▼以上の展開により、以下の超妨害体制を実現!

  • 《フルール・ド・バロネス》による何でも1回無効
  • 《竜星の九支》による何でも1回無効
  • 《相剣大師-赤霄》によるモンスター効果1回無効
  • 《アークネメシス・プロートス》による、宣言した属性の特殊召喚封じ
  • 《虹光の宣告者》によるカード除外&何でも1回無効
  • 《相剣暗転》で《アークネメシス・プロートス》を対象にすることで任意のタイミングで無条件2枚破壊。
  • 《騎竜ドラコバック》で相手のカード1枚を手札に戻す
  • 《運命の旅路》で《勇者トークン》に1回破壊耐性
  • 墓地の《天威龍-アーダラ》で除外から幻竜族1体回収
created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥670 (2022/10/06 05:10:03時点 Amazon調べ)
created by Rinker
ジャンプ
¥295 (2022/10/06 05:57:47時点 Amazon調べ)

【神碑(ルーン)】デッキ

戦術融合召喚 / デッキ破壊 / コントロール
主要カード《神碑の泉》
《輝く炎の神碑》
《凍てつく呪いの神碑》
《神碑の翼フギン》
《神碑の牙ゲーリ》
弱点心臓部分である《神碑の泉》の除去。
《名推理》、《モンスター・ゲート》に対する《応戦するG》
《ドロール&ロックバード》
展開型のデッキに速度で劣り、手札誘発も乏しいため、先攻制圧をされるとなす術がなくなる。

「神碑」速攻魔法で相手のデッキを除外し、デッキ切れによる特殊勝利を狙うデッキです。

攻撃力0の融合モンスターと魔法カードのみで構成された独特なデッキテーマで、急いで勝負を決めるわけではなく、じわじわとアドバンテージ差をつけていくコントロール、ロック寄りの戦い方をします。

【召喚獣】、【閃刀姫】、【魔轟神】などと組み合わせた様々な型が活躍しています。

フィールド魔法《神碑の泉》を出しておくことで、相手ターンでも手札から「神碑」速攻魔法を発動できるようになります。

また、《名推理》《モンスター・ゲート》で大量に墓地に魔法カードを溜め、《神碑の泉》の効果で3枚までデッキに戻すことでその分ドローしてリソースを補充します。
1ターンに3枚、相手ターンにも発動して6枚ドローが可能です。

【神碑】デッキの心臓部分である《神碑の泉》を除去すべく発動された相手の《ライトニング・ストーム》《ハーピィの羽根帚》に対しても、それらにチェーンして「神碑」速攻魔法を発動し、共通効果で《神碑の翼フギン》を場に出して、自身の効果で身代わりになるなどといった動きも可能です。

created by Rinker
遊戯王OCG
¥190 (2022/10/05 18:34:02時点 Amazon調べ)
created by Rinker
遊戯王OCG
¥333 (2022/10/05 18:59:08時点 Amazon調べ)

【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキ

戦術「リンク召喚」&「ビートダウン」
主要カード《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》
《鉄獣戦線 徒花のフェリジット》
《鉄獣戦線 フラクトール》
《鉄獣戦線 キット》
《鉄獣戦線 ケラス》
《鉄獣戦線 ナーベル》
弱点効果コストが用意できなくなる《マクロコスモス》等の除外カード
《群雄割拠》《アンデットワールド》による種族操作

【烙印鉄獣】【LL鉄獣】の複合構築が大会で多く入賞しています。

2022年1月10日「日本選手権」では【烙印鉄獣】が見事日本一となりました。

【鉄獣戦線】は、共通効果によって墓地から獣・鳥獣・獣戦士族モンスターを除外し、除外した枚数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣・鳥獣・獣戦士族リンクモンスターを特殊召喚して展開します。

【LL(リリカル・ルスキニア)】は展開力に長けたエクシーズ召喚主体のテーマで、《LL-リサイト・スターリング》を使用した連続展開を行い《FNo.0 未来龍皇ホープ》《天霆號アーゼウス》などの強力なモンスターを並べます。

この二つはどちらも鳥獣族を使用する共通点があり非常に相性が良く、組み合わさることで、さらに《LL-アンサンブルー・ロビン》《戦華盟将-双龍》《王神鳥シムルグ》《烈風の結界像》などの強力な妨害を並べることができます。

また、《鉄獣の抗戦》によっていつでも墓地モンスターで《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》をリンク召喚ができ、攻守ともに柔軟に立ち回ることが可能です。

非常に高い展開力・制圧力とリソースの回収に長けており、安定した展開ができるデッキです。

created by Rinker
遊戯王
¥700 (2022/10/06 02:40:11時点 Amazon調べ)

【竜輝巧(ドライトロン)】デッキ

戦術「儀式召喚」&「先攻制圧」
主要カード《竜儀巧-メテオニス=DRA》
《竜輝巧-ファフμβ’》
《流星輝巧群》
《崇高なる宣告者》
《宣告者の神巫》
弱点《禁じられた一滴》《冥王結界波》による《崇光なる宣告者》の効果無効
《イーバ》、《サイバー・エンジェル-那沙帝弥-》に対して《アーティファクト-ロンギヌス》
《増殖するG》を打たれた時に妥協点がない

複数の儀式召喚を行い、先攻で盤面を制圧するデッキです。

儀式をサポートする「ドライトロン」モンスター、「サイバー・エンジェル」モンスターから、強力な制圧効果を持つ「宣告者」モンスターへと繋ぎます。

基本的に《流星輝巧群》《崇高なる宣告者》を立てて、相手の効果を4回無効化します。

「壊獣」モンスターや《禁じられた一滴》で無力化できるため、マッチ戦では対策されやすいです。

また、展開するために大量の特殊召喚を行うため、《増殖するG》が通ると《崇光なる宣告者》の複数妨害があっても相手がドローした豊富な手札で越えられることが多く、それを考えると展開をストップせざるを得ない場面があります。

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥799 (2022/10/05 20:06:51時点 Amazon調べ)
created by Rinker
遊戯王OCG
¥77 (2022/10/05 20:13:00時点 Amazon調べ)

【セリオンズ】デッキ

戦術ミッドレンジ / ビートダウン
主要カード《セリオンズ“キング”レギュラス》
《セリオンズ“リリー”ボレア》
《無尽機関アルギロ・システム》
《円盤闘技場セリオンズ・リング》
弱点《マクロコスモス》《次元の裂け目》での全体除外による墓地利用メタ

「セリオンズ」モンスターは共通効果で、自身を特殊召喚しつつ墓地にある「セリオンズ」モンスターか特定の種族を自身に装備します。

そのため、【P.U.N.K.】【烙印】【勇者】【ABC】といった様々なテーマとの複合構築が可能で、大会でも活躍しています。

created by Rinker
ジャンプ
¥1,480 (2022/10/06 05:46:15時点 Amazon調べ)

【アダマシア】デッキ

戦術シンクロ召喚 / リンク召喚 / 岩石族 / 展開型
主要カード《魔救の探索者》
《怒気土器》
《ブロックドラゴン》
《魔救の奇跡-ドラガイト》
《フルール・ド・バロネス》
弱点《ブロックドラゴン》に対する効果無効。

「アダマシア」チューナーモンスターを起点にデッキトップをめくって「岩石族」モンスターを展開し、リンクモンスターや「アダマシア」シンクロモンスターなどを並べていきます。

展開を助ける強力な「岩石族」モンスターが多数採用されており、展開・妨害・フィニッシャーの役割を持つ様々なシンクロ、リンクモンスターを展開します。

「P.U.N.K」ギミックを採用することでデッキの安定性が向上しました。

多くの「岩石族」モンスターの中でも、《ブロックドラゴン》は特に強力で、自身がフィールドから墓地へ送られた場合に、デッキから岩石族をレベル8になるように3体まで手札に加える効果を持っています。

この効果で《ギガンテス》と「アダマシア」チューナー2体を手札に加えて展開が可能となります。

また、墓地からも特殊召喚できるため、何度でも再利用可能です。

《フルール・ド・バロネス》だけでなく、《コアキメイル・ガーディアン》を場に出しておくことで、相手の手札誘発モンスターの効果も無効にできるなど、制圧力も高いです。

created by Rinker
遊戯王OCG
¥555 (2022/10/05 10:44:55時点 Amazon調べ)

【閃刀姫】デッキ

特徴リンク召喚
「一騎当千」をコンセプトに、単騎で戦闘を行う
主要カード《閃刀姫-レイ》
《閃刀起動-エンゲージ》
《閃刀起動-リンケージ》
《閃刀姫-シズク》
《閃刀姫-カガリ》
弱点《海亀壊獣ガメシエル》など「壊獣」モンスターなどによってフィールドを埋められてしまうと魔法カードの発動条件が満たせなくなる。

「自分メインモンスターゾーンにモンスターが存在しない」事を発動条件に持ち、墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合に追加効果を得られる「閃刀」魔法カードを使用します。

バトルフェイズ中《閃刀姫-レイ》で攻撃した後に「閃刀姫」リンクモンスターを複数回特殊召喚して何度も追撃して大きなダメージを与えます。

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥948 (2022/10/05 15:46:50時点 Amazon調べ)

【電脳堺】デッキ

戦術シンクロ召喚 / 展開型 / ビートダウン
主要カード《電脳堺姫-娘々》
《電脳堺媛-瑞々》
《電脳堺狐-仙々》
《電脳堺獣-鷲々》
《電脳堺都-九竜》
弱点墓地除外に対して《アーティファクト-ロンギヌス》《王宮の鉄壁》
《夢幻崩界イヴリース》の送りつけ。

《真竜皇V.F.D.》禁止後、制圧力がパワーダウンしましたが、「勇者」ギミックと組み合わせることで依然として非常に高い制圧力を誇っており、環境での活躍が見られます。

現在の【電脳堺】は基本的に《永遠の淑女 ベアトリーチェ》を絡めて《聖殿の水遣い》を落としつつ「勇者」ギミックにアクセスしながら展開していきます。

そうすることで最終盤面が《永遠の淑女 ベアトリーチェ》、《フルール・ド・バロネス》《電脳堺門-朱雀》+αとなり、次の相手ドローフェイズに《永遠の淑女 ベアトリーチェ》の効果で《アーティファクト-デスサイズ》を墓地に落とし、《フルール・ド・バロネス》の効果で蘇生することで、そのターン中相手はエクストラデッキから特殊召喚することができなくなります。

《電脳堺門-朱雀》があることで、相手が「勇者」ギミックを使用しても妨害することができる、非常に強固な盤面です。

基本的な動きに対して《エフェクト・ヴェーラー》《無限泡影》といった無効系妨害が効きづらい点が魅力。

《氷剣竜ミラジェイド》の処理が厳しく、【デスピア】対面は不利と言えます。

created by Rinker
遊戯王OCG
¥188 (2022/10/06 02:09:54時点 Amazon調べ)
created by Rinker
遊戯王OCG
¥115 (2022/10/05 19:04:14時点 Amazon調べ)

その他注目のデッキテーマ

以下のテーマも、地域によってはランキングに入るほど強力です。

2022年9月環境サイドデッキ頻出カード

画像をタップするとAmazonで購入できます。

モンスターカード解説
《原始生命態ニビル》

相手が5回以上特殊召喚をしていた場合に、全てのモンスターをリリースして相手フィールドに特殊召喚できるモンスター。
破壊耐性のある強力なモンスターが相手でも、問題なく除去できるカード。
《ダイナレスラー・パンクラトプス》

相手モンスターの数が多い場合に特殊召喚でき、フリーチェーンで自壊して相手のカードを破壊できるカード。
《アーティファクト-ロンギヌス》

手札からリリースしたターン、お互いに除外を不可能にするカード。
《アーティファクト-デスサイズ》

このカードを特殊召喚したターン、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できなくなる。
使う際は、罠カードの《アーティファクトの神智》をフル投入することが多い。
《トークンコレクター》

トークンが特殊召喚された場合に手札・墓地から特殊召喚でき、特殊召喚成功時に全てのトークンを破壊するカード。
【相剣】や【勇者】に対して強いです。
《屋敷わらし》

墓地に干渉するカードに対する効果を無効化する手札誘発カード。
《ドロール&ロックバード》

ドローフェイズ以外でドローした場合に、ターン中デッキからカードを手札に加えることをできなくするカード。
1回目のドロー・サーチは防げない点に注意。
《怪粉壊獣ガダーラ》

相手モンスター1体をリリースして相手フィールドに特殊召喚できるカード。
ニビルは5回特殊召喚されないと使えないが、こちらは1体でもモンスターがいれば使える。

《粘糸壊獣クモグス》《海亀壊獣ガメシエル》も見るが、
ガダーラが一番採用される理由は、《烈風の結界像》が現環境に多く存在しているため。
※風属性しか特殊召喚できなくなる。
《スカル・マイスター》

墓地で発動する魔法・罠・モンスターの効果を無効にできるカード。
《幽鬼うさぎ》

フィールドのモンスター・魔法・罠の効果が発動した時に、そのカードを破壊できるカード。
効果は無効化できない点に注意。
《接触するG》

相手フィールドに特殊召喚し、
相手が融合・S・X・リンク召喚を行う場合、
このカードを素材とした融合・S・X・リンク召喚しか行えないようにする。
魔法カード解説
《禁じられた一滴》

任意の数だけモンスターを効果無効・攻撃力半減できるカード。
《コズミック・サイクロン》

1000LP払って魔法・罠を除外できるカード。
《ツインツイスター》

手札を1枚捨てて、魔法・罠を2枚まで破壊できるカード。
《サンダー・ボルト》

相手モンスターを全て破壊。
《ライトニング・ストーム》

相手の攻撃表示のモンスター全破壊か、相手の魔法・罠全破壊かを選べるカード。
《ハーピィの羽根帚》

言わずと知れた、相手の魔法・罠を全破壊するカード。
《冥王結界波》

相手モンスターの効果を無効化するカード。
このカードに対してモンスター効果は発動できない。
《発禁令》

《抹殺の指名者》の簡易版として使用。

相手テーマのカードや《原始生命態ニビル》など、《抹殺の指名者》では無効にしづらいカードを無効にできる。
また、エクストラデッキのカードも無効化できるのも、《抹殺の指名者》にはない強み。

ただし通常魔法なので注意。
《月女神の鏃》

EXデッキからモンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスターと同じ種類(融合・S・X・P・リンク)の
相手フィールドのモンスター1体を持ち主のデッキに戻す。
罠カード解説
《アーティファクトの神智》

デッキから「アーティファクト」を特殊召喚できるカード。
主に《アーティファクト-デスサイズ》を特殊召喚するために使う。
《レッド・リブート》

手札からも発動でき、相手の罠カードの効果を無効化できるカード。
ワンキルデッキ御用達。
【エルドリッチ】など罠型のデッキにとても刺さる。
《拮抗勝負》

自分フィールドのカードと同じ数になるよう相手フィールドのカードを相手自身に裏側表示で除外させるカード。

《バージェストマ・ディノミスクス》

フリーチェーンで除外できるカード。
使った後はモンスターカードとして墓地から自己蘇生できる。
《魔封じの芳香》

お互いに魔法カードをセットしてからでないと使えなくする永続罠カード。
《スキルドレイン》

フィールドのモンスターの効果を全て無効化する永続罠カード。
《次元障壁》

モンスターの種類(儀式・融合・S・X・P)をなんでも一つ宣言して、特殊召喚できず、効果を無効化できるカード。
リンクモンスターは対象外なので注意。
《天龍雪獄》

フリーチェーンで相手の墓地のモンスターを蘇生sて妨害できる。
さらにお互いのフィールドに同じ種族のモンスターが存在する場合、
お互いのフィールドから1体ずつ対象にとらず除外できる。

【ヌメロン】【サブテラー】【閃刀姫】などには効きづらいので注意。
《サモンリミッター》

お互いに召喚・反転召喚・特殊召喚が1ターンに2回までしか行えなくなる。

テーマ別優勝・入賞デッキレシピ一覧 ▶︎

マスターデュエル:2022年8月環境最強デッキランキング

順位デッキテーマ
1位天威勇者
2位勇者幻影騎士団
3位電脳堺
4位勇者十二獣
5位LL鉄獣・十二鉄獣
6位勇者プランキッズ
7位ふわんだりぃず
8位勇者GS
9位天威相剣
10位エルドリッチ

1年ほど前の遊戯王OCG環境を見ているようですね。

【勇者トークン】【ふわんだりぃず】が実装され環境が一変しました。

遊戯王に復帰したばかりの人は「必須・汎用カード一覧」も参考にしてください。

環境1位:【天威勇者】デッキ

戦術「勇者」ギミック
「ハリラドン」ギミック
主要カード《天威龍-ヴィシュダ》
《幻獣機アウローラドン》
《アークネメシス・プロートス》
《フルール・ド・バロネス》
《源竜星-ボウテンコウ》
弱点《トークンコレクター》によるトークンメタ
《アラメシアの儀》の発動・効果の無効化

《フルール・ド・バロネス》《相剣大師-赤霄》などの妨害札を並べ、スキのない盤面で制圧します。

多くの【天威】デッキに採用されている《アークネメシス・プロートス》は宣言した属性の特殊召喚を封じる効果を持っています。属性が統一されているデッキは少なくないため、こちらも高い制圧力を誇ります。

「勇者」ギミックの《流離のグリフォンライダー》によって、弱点であった手札誘発にも対応できるようになり、安定感・制圧力ともに非常に高く強力なデッキです。

環境2位:【幻影騎士団(ファントムナイツ)】デッキ

戦術「エクシーズ召喚」&「ビートダウン」
主要カード《幻影騎士団ティアースケイル》
《幻影騎士団サイレントブーツ》
《幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ》
《幻影騎士団ブレイクソード》
《彼岸の黒天使 ケルビーニ》
弱点《墓穴の指名者》で墓地リソース封じ
《虚無空間》で特殊召喚封じ
《轟雷帝ザボルグ》《浮幽さくら》でエクストラデッキを直接除去

環境3位:【電脳堺】デッキ

戦術「除外」&「先行制圧」
主要カード《真竜皇 V.F.D.》
《電脳堺狐-仙々》
《電脳堺獣-鷲々》
《電脳堺媛-瑞々》
《電脳堺姫-娘々》
弱点《電脳堺媛-瑞々》《電脳堺悟-老々》《灰流うらら》《神の通告》で無効化
《増殖するG》で特殊召喚を妨害
《アーティファクト-ロンギヌス》で除外を妨害

環境4位:【十二獣】デッキ

戦術エクシーズ召喚 / ビートダウン
主要カード《十二獣サラブレード》
《十二獣ドランシア》
《天霆號アーゼウス》
《炎舞-「天璣」》
弱点《十二獣ドランシア》の除外
《次元障壁》によるエクシーズメタ
《サンダー・ボルト》などの全体除去

環境5位:【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキ

戦術「リンク召喚」&「ビートダウン」
主要カード《鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ》
《鉄獣戦線 徒花のフェリジット》
《鉄獣戦線 フラクトール》
《鉄獣戦線 キット》
《鉄獣戦線 ケラス》
《鉄獣戦線 ナーベル》
弱点効果コストが用意できなくなる《マクロコスモス》等の除外カード
《群雄割拠》《アンデットワールド》による種族操作

【LL型】【十二獣】型どちらも多いです。

環境6位:【プランキッズ】デッキ

戦術「融合召喚・リンク召喚」&「ビートダウン」
主要カード《プランキッズ・ミュー》
《プランキッズ・ロケット》
《プランキッズ・ハウスバトラー》
《プランキッズ・ドゥードゥル》
《プランキッズ・ロアゴン》
弱点《群雄割拠》《御前試合》による種族・属性制限
《ディメンション・アトラクター》《マクロコスモス》などで除外
《魔のデッキ破壊ウイルス》による手札破壊

メインデッキの下級「プランキッズ」モンスター全てが初動札。

環境7位:【ふわんだりぃず】デッキ

戦術「アドバンス召喚」&「ビートダウン」
主要カード《ふわんだりぃず×ろびーな》
《ふわんだりぃず×えんぺん》
《ふわんだりぃずと旅じたく》
《烈風の結界像》
《ディメンション・アトラクター》
弱点初動の召喚成功時効果の無効化。

連続で通常召喚を行い、ほとんど特殊召喚をしないため、特殊召喚メタが刺さりにくいデッキです。

リソースの回収にも長けているため息切れもしにくく、さらに《烈風の結界像》《霞の谷の巨神鳥》といった強力な妨害カードを簡単に並べることができます。

これらが並ぶと、相手は風属性モンスターしか特殊召喚できず、魔法・罠・モンスターの効果を1回無効化できます。

さらに相手ターンに2枚バウンスできる《烈風帝ライザー》の召喚も可能です。

エクストラデッキをほとんど使わないため、《浮幽さくら》を採用できる点も魅力。

環境8位:【勇者GS】デッキ

戦術シンクロ召喚 / トークン
主要カード《聖殿の水遣い》
《流離のグリフォンライダー》
《アラメシアの儀》
《運命の旅路》
《騎竜ドラコバック》
弱点《トークンコレクター》によるトークンメタ
《幻獣機アウローラドン》の効果無効

《アラメシアの儀》から《運命の旅路》を経由してサーチした《流離のグリフォンライダー》など、「勇者トークン」関連モンスターを使い、《真竜皇V.F.D.》と《流離のグリフォンライダー》で盤面を制圧します。

環境9位:【天威相剣】デッキ

戦術シンクロ・リンク召喚 / ビートダウン
主要カード《相剣師-莫邪》
《白の聖女エクレシア》
《相剣大公-承影》
《フルール・ド・バロネス》
《天威の龍鬼神》
弱点《相剣師-莫邪》や《相剣師-泰阿》に対しての効果無効
トークンメタの《トークンコレクター》

トークンを生成して少ない枚数から展開する「相剣」モンスターを軸にしたシンクロデッキ。

環境10位:【エルドリッチ】デッキ

戦術「罠ビート」
主要カード《黄金卿エルドリッチ》
《黄金狂エルドリッチ》
《呪われしエルドランド》
《黒き覚醒のエルドリクシル》
《黄金郷のコンキスタドール》
弱点《マクロコスモス》などで除外されると致命的
《墓穴の指名者》で《黄金卿エルドリッチ》にチェーン
《アーティファクト-ロンギヌス》《王家の眠る谷-ネクロバレー》で除外行為そのものを封じられる
除外が得意な電脳堺】と相性が悪い

【閃刀姫】デッキ

特徴リンク召喚
「一騎当千」をコンセプトに、単騎で戦闘を行う
主要カード《閃刀姫-レイ》
《閃刀起動-エンゲージ》
《閃刀姫-シズク》
《閃刀姫-カガリ》
弱点《海亀壊獣ガメシエル》など「壊獣」モンスターなどによってフィールドを埋められてしまうと魔法カードの発動条件が満たせなくなる。

「自分メインモンスターゾーンにモンスターが存在しない」事を発動条件に持ち、墓地に魔法カードが3枚以上存在する場合に追加効果を得られる「閃刀」魔法カードを使用します。

バトルフェイズ中《閃刀姫-レイ》で攻撃した後に「閃刀姫」リンクモンスターを複数回特殊召喚して何度も追撃して大きなダメージを与えます。

【竜輝巧(ドライトロン)】デッキ

戦術「儀式召喚」&「先攻制圧」
主要カード《竜儀巧-メテオニス=DRA》
《竜輝巧-ファフμβ’》
《流星輝巧群》
《崇高なる宣告者》
《宣告者の神巫》
弱点《禁じられた一滴》《冥王結界波》による《崇光なる宣告者》の効果無効
《イーバ》、《サイバー・エンジェル-那沙帝弥-》に対して《アーティファクト-ロンギヌス》
《ドロール&ロックバード》を打たれると展開が止まる

対策されづらく、制圧力が高いです。

【召喚シャドール】デッキ

戦術「融合召喚」&「ビートダウン」
主要カード《エルシャドール・ネフィリム》
《エルシャドール・ミドラーシュ》
《影依融合》
《召喚師アレイスター》
《召喚獣メルカバー》
弱点《影依融合》を《灰流うらら》などで止められる。
《召喚師アレイスター》に対して《増殖するG》で牽制。
《D.D.クロウ》《墓穴の指名者》などで墓地のカードを除外。

【アダマシア】デッキ

戦術シンクロ召喚 / リンク召喚 / 岩石族 / 展開型
主要カード《魔救の探索者》
《怒気土器》
《ブロックドラゴン》
《魔救の奇跡-ドラガイト》
《フルール・ド・バロネス》
弱点《ブロックドラゴン》に対する効果無効。

「アダマシア」チューナーモンスターを起点にデッキトップをめくって「岩石族」モンスターを展開し、リンクモンスターや「アダマシア」シンクロモンスターなどを並べていきます。

展開を助ける強力な「岩石族」モンスターが多数採用されており、展開・妨害・フィニッシャーの役割を持つ様々なシンクロ、リンクモンスターを展開します。

「P.U.N.K」ギミックを採用することでデッキの安定性が向上しました。

過去の遊戯王環境

遊戯王2022年7月環境

遊戯王7月環境有利不利相関図

遊戯王2022年6月環境

遊戯王6月環境有利不利相関図

遊戯王2022年5月環境

遊戯王5月環境有利不利相関図

遊戯王2022年4月環境

こちらはTierごとのデッキ一覧です。

https://twitter.com/Shino_NextPlay/status/1512732055557259266

遊戯王2022年1月環境

https://twitter.com/Shino_NextPlay/status/1477617518336684036

キーワード検索

新弾発売スケジュール

発売日商品名
1/14(土) 『CYBERSTORM ACCESS』カードリスト
12/3(土) ストラクチャーデッキ 『蟲惑魔の森』カードリスト
11/5(土) 『SELECTION 5』カードリスト
10/15(土) 『PHOTON HYPERNOVA』カードリスト
9/10(土) 『WORLD PREMIERE PACK 2022』カードリスト
8/20(土) デッキビルドパック 『アメイジング・ディフェンダーズ』カードリスト
8/6(土) ストラクチャーデッキR 『デビルズ・ゲート』カードリスト
7/16(土) 『DARKWING BLAST』カードリスト
6/25(土) ストラクチャーデッキ『宝玉の伝説』カードリスト
6/11(土) 『ANIMATION CHRONICLE 2022』カードリスト
5/21(土) 『デュエリストパック 輝石のデュエリスト編』カードリスト

他商品の収録・価格はこちら ▶︎

最新おすすめ商品

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥6,580 (2022/10/05 19:18:38時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥1,780 (2022/10/05 17:31:27時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥6,300 (2022/10/05 16:26:27時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥4,575 (2022/10/06 00:26:40時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥1,099 (2022/10/06 00:26:10時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥1,150 (2022/10/06 00:25:52時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥2,650 (2022/10/05 23:12:32時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥1,800 (2022/10/05 21:23:37時点 Amazon調べ)
created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥2,180 (2022/10/05 15:38:32時点 Amazon調べ)

おすすめ!駿河屋のトレカ福袋

あなたの大会レポを募集中!

あなたが大会に参加した記録を「第二倉庫メディア」で発信しよう!
実績に関わらず募集しています。

「第二倉庫メディア」は毎月80万人以上の人が見に来ています。
公開するレポにはあなたのTwitterアカウントも掲載しますので、プレイヤーの輪を広げるきっかけになるかも!

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間200万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

ツイッターの話題を中心に、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。