【ポケカ】これが定番!おすすめ人気スリーブ【インナー・二重・三重|入門】


ミニサイズ・スタンダードサイズ

ポケモンカードのカードサイズは「横63mm×縦88mm」です。

デュエル・マスターズやMtGと同じ「スタンダードサイズ」「レギュラーサイズ」と呼ばれているサイズです。

遊戯王は「スモールサイズ」「ミニサイズ」と呼ばれる異なるサイズですので注意しましょう。

多くの人がスリーブ(デッキシールド)を三重にしており、次いで二重にしている人が多いです。

ポケカ用:一重のおすすめスリーブ

一重のみで使用する際のおすすめスリーブを紹介します。

一重のおすすめキャラクタースリーブ

公式から販売されているスリーブがサイズ感もよくおすすめです。

ポケモンは公式から可愛いさまざまなスリーブが販売されています!

一重のおすすめ無地スリーブ

ハイパーマット

ポケカなどのTCGで最も使用率の高い無地スリーブと言えば「ハイパーマットスリーブ」です。

66mm×91mm

「ハイパーマットスリーブ」は側面が裂けやすいので注意しましょう。

一重のおすすめ透明スリーブ

カードバリア100 パーフェクトサイズ

ポケカに合うジャストサイズのスリーブといえば「カードバリア100 パーフェクトサイズ」が定番です。

透明度が高く、スリーブの大きさのブレがほとんどありません。

64mm×89mm

ポケカ用:二重のおすすめスリーブ

二重スリーブにする際は、キャラクタースリーブと、キャラスリを保護するオーバースリーブの構成にするのが一般的です。

  • キャラスリ・無地スリ(66×91㎜等)
  • オーバースリーブ(68×93㎜)

あるいは、インナースリーブと無地スリーブの構成です。

  • インナースリーブ(64×89㎜)
  • キャラスリ・無地スリ(66×91㎜等)

おすすめキャラクタースリーブ

色々なキャラクタースリーブが販売されていますので、好きなアニメなどのスリーブを探してみましょう。

created by Rinker
エンスカイ(ENSKY)
¥2,620 (2022/05/18 18:40:14時点 Amazon)

おすすめオーバースリーブ

ブロッコリー スリーブプロテクター エンボス&クリア M

裏面がエンボス加工されていて、スリーブ同士が全然くっつきません。

横入れシャッフルもスルスル入っていくのでとてもスムーズにシャッフルできます。

Sサイズは入らないキャラクタースリーブもあるかもしれないので注意してください。

おすすめインナースリーブ

カードバリア100 パーフェクトサイズ

一重スリーブで紹介した「カードバリア100 パーフェクトサイズ」が定番です。

64mm×89mm

カドまるスリーブ 横入れタイプ

多重スリーブ時には空気が抜けにくいことが多いので、空気の抜けやすい横入れのインナースリーブを使用する方もいます。

64mm×89mm

おすすめ無地スリーブ

ハイパーマット

一重スリーブの際にも紹介した「ハイパーマット」がおすすめです。

66mm×91mm

ポケカ用:三重のおすすめスリーブ

二重スリーブで紹介したインナースリーブ、キャラクタースリーブ、オーバースリーブを全て使用する構成です。

ポケカプレイヤーは二重スリーブ(キャラクタースリーブ+オーバースリーブ)にしている人が一番多いです。

ポケカはデッキが60枚ですので、三重スリーブにすると厚みがありすぎてシャッフルしにくくなるので、二重スリーブがおすすめです。

スリーブに関するルール

大会では、ポケカ公式ではない『キャラスリ』を使ってもOKです。


キーワード検索

新弾発売スケジュール

発売日商品名
6/17(金) 『Pokémon GO』カードリスト
5/13(金) 『ダークファンタズマ』カードリスト
4/8(金) 『タイムゲイザー』カードリスト
4/8(金) 『スペースジャグラー』カードリスト
2/25(金) 『バトルリージョン』カードリスト
2/25(金) 『スターターセットVSTAR ルカリオ』カードリスト
2/25(金) 『スターターセットVSTAR ダークライ』カードリスト

他商品の収録・価格はこちら ▶︎

最新おすすめ商品

ポケモン商品一覧

あなたの大会レポを募集中!

あなたが大会に参加した記録を「第二倉庫メディア」で発信しよう!
実績に関わらず募集しています。

「第二倉庫メディア」は毎月80万人以上の人が見に来ています。
公開するレポにはあなたのTwitterアカウントも掲載しますので、プレイヤーの輪を広げるきっかけになるかも!

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間200万PVのTCG専門メディア「第二倉庫」の管理人・編集者。

ツイッターの話題を中心に、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。