駿河屋のトレカタイムセール

【ポケカ封入率】レア度早見表・レアリティの見分け方

記事の感想をコメントしよう! 0

レアリティの見分け方

レアリティの見分け方画像

ポケモンカードのレアリティは、カード左下にあるアルファベットで見分けることができます。

「023/071」などのシリアル番号の右側にあるアルファベットがレア度になります。

また、構築済みのスタートデッキやプロモカードなどは、レアリティ表記がないこともあります。

2024年:レア度早見表・封入率

2024年1月26日発売の拡張パック『ワイルドフォース』『サイバージャッジ』以降のパックに収録されているレア度・封入率の早見表です。

レア度封入率
UR(ウルトラレア)約1枚/10BOX
SAR(スペシャルアートレア)約1枚/6BOX
SR(スーパーレア)1〜2枚/1BOX
ACE1枚/1BOX
AR3枚/1BOX
RR4〜5枚/1BOX
R約8枚/1BOX
U1~2枚/1パック
C3枚/1パック
封入率が低いレア度を降順に表示

UR(ウルトラレア)の特徴

UR(ウルトラレア)は、10BOXに1枚の確率で封入され、封入率が一番低いパラレルカード。

新弾のメインとなるポケモンと汎用カードがURで再録されることが多く、プレイヤーに人気のレアリティです。

  • アルファベット「UR」で表示されている。
  • イラストはSRと同じで、金色に輝いている。
  • フルアート仕様。
  • レリーフ加工がされている。
  • 環境で使用されることの多い汎用カードが高騰する。
  • 約1,000〜10,000円の相場で取引されている。

SAR(スペシャルアートレア)の特徴

SAR(スペシャルアートレア)は、6BOXに1枚の確率で封入され、URの次に封入率が低いパラレルカード。

有名なイラストレーターによって美麗なイラストで描かれており、プレイヤー・コレクター共に人気があります。

  • アルファベット「SAR」で表示されている。
  • 豪華なイラストで、ポケモンやトレーナーが描かれている。
  • 有名なイラストレーターが担当。
  • フルアート仕様。
  • レリーフ加工がされている。
  • 2022年12月2日(金)発売のハイクラスパック『VSTARユニバース』から始まったレアリティ。
  • 人気のポケモンや女の子サポートカードが人気。
  • 引きのイラストより、アップで描かれているポケモンやトレーナーが高騰する。
  • 約3,000〜100,000円の相場で取引されている。

SR(スーパーレア)の特徴

SR(スーパーレア)は、1BOXに1〜2枚封入されているパラレルカード。

基本的にその弾のRRのポケモンとサポートカードが全て、SRで収録されます。

  • アルファベット「SR」で表示されている。
  • ポケモンやトレーナーの全体像が描かれている。
  • レリーフ加工がされている。
  • 環境で活躍しているポケモンや女の子サポートカードが人気で高騰する。
  • 約1,000〜4,000円の相場で取引されている。

ACE(エース)の特徴

ACE(エース)は、1BOXに1枚確定で封入されている通常レアリティ。

デッキに1枚しか入れれない「ACE SPEC」カードのレアリティで、「グッズ・ポケモンのどうぐ・特殊エネルギー」が強力な効果を持って収録されます。

  • アルファベット「ACE」で表示されている。
  • カードが菱形にキラキラしている。
  • 枠がピンク色
  • レリーフ加工がされている。
  • 2024年1月26日発売の拡張パック『ワイルドフォース』『サイバージャッジ』から始まったレアリティ。
  • 環境で活躍しているカードが高騰する。
  • 約500〜3,000円の相場で取引されている。

AR(アートレア)の特徴

AR(アートレア)は、1BOXに3枚確定で封入されているレアリティ。

「R・U・C」レアのカードが豪華なイラストで、ARとして収録されます。

  • アルファベット「AR」で表示されている。
  • カードによって様々なタッチのイラストが楽しめる。
  • キラキラしている。
  • 2022年12月2日(金)発売のハイクラスパック『VSTARユニバース』から始まったレアリティ。
  • 環境で活躍しているカードやイラストによっては人気のポケモンも高騰する。
  • 約300〜3,000円の相場で取引されている。

RR(ダブルレア)の特徴

RR(ダブルレア)は、1BOXに4〜5枚ほど封入されている通常レアリティ。

2024年1月26日発売の拡張パック『ワイルドフォース』『サイバージャッジ』以降は、exポケモンにつけられているレアリティで、デッキのメインとなるカードです。

  • アルファベット「RR」で表示されている。
  • キラキラしている。
  • 2024年以前はVポケモンにも「RR」が付けられている。
  • 環境で活躍しているカードが高騰する。
  • 約50〜300円の相場で取引されている。

R(レア)の特徴

RR(ダブルレア)は、1BOXに約8枚ほど封入されている通常レアリティ。

「U・C」よりも強い効果を持っていることが多く、カードによってはサポートやメインポケモンとして採用されます。

  • アルファベット「R」で表示されている。
  • キラキラしている。
  • 環境で活躍しているカードが高騰する。
  • 約10〜300円の相場で取引されている。
  • 稀に数百円〜数千円に高騰する場合もある。

U(アンコモン)の特徴

U(アンコモン)は、1パックに1〜2枚ほど封入されている通常レアリティ。

  • アルファベット「U」で表示されている。
  • 汎用性の高いたねポケモンや1進化・2進化ポケモン、トレーナーズに多く見られる。
  • 約10〜100円の相場で取引されている。
  • 稀に数百円〜数千円に高騰する場合もある。

C(コモン)の特徴

C(コモン)は、1パックに3枚ほど封入されている通常レアリティ。

  • アルファベット「C」で表示されている。
  • たねポケモンに多く見られる。
  • 約数十円の相場で取引されている。


シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

9 − one =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。