駿河屋のトレカタイムセール

【闘ゲッコウガex】デッキの回し方・動かし方【入門向け徹底解説|ポケカ】

記事の感想をコメントしよう! 0

【ゲッコウガex(闘テラスタル)】デッキ概要

  • 火力
    4
  • 展開速度
    3
  • 構築自由度
    5
  • 安定性
    4
  • 難易度
    4
レギュレーションH          
特徴2進化 / ベンチ狙撃 / 闘タイプ / 超タイプ弱点
収録強化拡張パック『クリムゾンヘイズ』

【闘ゲッコウガex】デッキコンセプト・強みと弱み

【闘ゲッコウガex】は、2024年3月22日(金)に発売の強化拡張パック『クリムゾンヘイズ』に収録される《ゲッコウガex》(闘テラスタル)を主軸とした2進化デッキ。

《闘ゲッコウガex》は二つの優秀なワザを持っており、「しのびのやいば」で好きなカード1枚をサーチしたり、「ぶんしんれんだ」でベンチを含む相手ポケモン2匹に120ダージ与えるなど、それぞれ使い分けて攻撃していきます

闘タイプであるため、環境で活躍している《アルセウスVSTAR》や《テツノカイナex》などの弱点をつくことで一撃できぜつさせることが可能です。

【闘ゲッコウガex】デッキには、「ユキメノコ型」「ロストバレット型」「ピジョットex型」「オリジンパルキア型」など様々な型がありますが、現環境では特に「ユキメノコ型」の入賞率が高くなっています

《ユキメノコ》は、《闘ゲッコウガex》の火力を補う役割を持ちます。

特性「いてつくとばり」により、ポケモンチェックのたびに、自身以外のお互いの特性を持つポケモン全員にダメカンを1個のせることが可能です。

複数ベンチに並べることで効果が重なり、3体いれば特性を持つポケモンに3個ずつダメカンを乗せることができます。

ポケモンチェックとは

ポケモンチェックとは、番が終わるたびに、おたがいのポケモンの状態を確認することです。
そのため、《ユキメノコ》の特性「いてつくとばり」は、自分の番と相手の番が終わった時どちらも発動します。

また、《闘ゲッコウガex》は特性を持たないのも相性が良い点です。

強みと弱み

強み
  • ワザ「しのびのやいば」で水1エネで170ダメージを与えつつ、なんでもサーチできる。ほとんどの非ルールポケモンを1撃で、ルールポケモンは2撃で倒すことが可能。
  • ワザ「ぶんしんれんだ」でベンチを含めた相手ポケモン2匹に、120ダメージを与えられる。
  • 環境に超タイプが少ないため、弱点を取られにくい。
弱み
  • HPが310と、2進化ポケモンにしては低め。
  • 闘テラスタルであるため、《カイ》でサーチできない。

【闘ゲッコウガex】主要カード一覧

「ユキメノコ型」のデッキ構築を解説していきます。

  • 《闘ゲッコウガex》:デッキの主軸となるポケモン。
  • 《ユキメノコ》:複数体並べることで、《闘ゲッコウガex》の火力を補う役割を持ちます。
  • 《ピィ》:エネルギーなしで使うことができるワザ「にぎにぎドロー」で、手札を増やします。逃げエネが0なのも優秀です。
  • 《ロトムV》:特性「そくせきじゅうでん」で3ドローします。使用すると番が終わってしまいますが、先行1ターン目や攻撃できない時にとても優秀なカードです。

  • 《ふしぎなアメ》:《ケロマツ》から1進化飛ばして、《闘ゲッコウガex》に進化させることができます。
  • 《ハイパーアロマ》:《ゲコガシラ》や《ユキメノコ》をサーチします。《ユキメノコ》を複数体並べる必要があるため、この1枚で展開速度が上がります。
  • 《カイ》:水タイプポケモンとグッズ1枚ずつをサーチできるサポート。足りていない水ポケモンを持ってきつつ、《ふしぎなアメ》や《ハイパーアロマ》を持って来れるのが強みです。

【闘ゲッコウガex】基本的な動き

スタートポケモン

《ピィ》でスタートするのが理想です。

STEP

バトル場に《ピィ》を出してスタートします。

STEP

《なかよしポフィン》や《ネストボール》、《ハイパーボール》などを使って、後続となる《ケロマツ》、《ユキワラシ》、《ロトムV》の順に優先してサーチし、ベンチに出しましょう。

《ユキワラシ》は3体ベンチに並べてください。

後攻の場合

後攻は1ターン目からサポートを使うことができるため、《カイ》で足りていない水ポケモンを持ってきつつ、《ふしぎなアメ》や《ハイパーアロマ》を持ってきましょう。

STEP

《基本水エネルギー》がある場合は、《ケロマツ》に手張りしておきましょう。

先行1ターン目の場合は、ワザを使えないため《ロトムV》の特性「そくせきじゅうでん」を使って番を終了します。

また、後攻1ターン目はワザを使えるため、《ピィ》のワザ「にぎにぎドロー」で手札が7枚になるようにドローして、番を終了します。

手札が5枚以上ある場合は、《ロトムV》の特性「そくせきじゅうでん」を使いましょう。

STEP

2ターン目は、《ハイパーボール》や《ハイパーアロマ》、《カイ》を使って《闘ゲッコウガex》や《ユキメノコ》、《ふしぎなアメ》を手札に持ってきましょう。

STEP

《ケロマツ》を《ふしぎなアメ》を使って《闘ゲッコウガex》に進化させます。

また、ベンチの《ユキワラシ》3体も、すべて《ユキメノコ》に進化させます。

STEP

バトル場の《ピィ》を逃して、《闘ゲッコウガex》を出します。

《闘ゲッコウガex》のワザ「しのびのやいば」で170ダメージ与えつつ、山札から好きなカードを持ってきましょう。

ポケモンチェックで、《ユキメノコ》3体分の特性「いてつくとばり」により、お互いの特性を持つポケモン全員にダメカンを3個ずつ乗せます

STEP

3ターン目は、《闘ゲッコウガex》に《ダブルターボエネルギー》をつけ、ワザ「ぶんしんれんだ」で攻撃します。

《ダブルターボエネルギー》の効果で、ダメージが「-20」されます。

同様に、ポケモンチェックで、《ユキメノコ》3体分の特性「いてつくとばり」により、お互いの特性を持つポケモン全員にダメカンを3個ずつ乗せます。

2ターン目と3ターン目の攻撃で、相手のバトル場の特性を持つポケモンに合計260ダメージと、ベンチの特性を持つポケモン2体に合計190ダメージ与えることができます。

《闘ゲッコウガex》はワザは、「しのびのやいば」→「ぶんしんれんだ」を基本として、状況に合わせて使い分けましょう

【闘ゲッコウガex】プレイングのコツ・注意点

二つのワザを使い分ける

《闘ゲッコウガex》のワザは以下のように使い分ける必要があります。

  • ワザ「しのびのやいば」:主に、相手のバトル場のメインアタッカーのHPを削りたい時に使用します。
  • ワザ「ぶんしんれんだ」:相手ベンチの「サポートポケモン」や「準備中のポケモン」に使用します。また、HPを削られて逃げたメインアタッカーに追撃するのも良いです。

《ユキメノコ》の特性も加味してダメージを計算しつつ、バランスよく使用しましょう。

ベンチ狙撃をする前に《マナフィ》を倒す

《闘ゲッコウガex》のワザ「ぶんしんれんだ」は、相手ベンチにワザのダメージを与えるため、《マナフィ》がいると特性「なみのヴェール」によりダメージが通りません

相手の《マナフィ》は、《カウンターキャッチャー》や《ボスの指令》でバトル場に呼び出して倒すか、《ユキメノコ》の特性「いてつくとばり」で気絶させましょう。

【闘ゲッコウガex】デッキ構築のコツ

大会で実績のあるデッキを参考にすると、採用カードの枚数や相性の良いカードなどが分かりやすいです。

サンプルデッキレシピ

【デッキコード】YY484x-5UVPNG-ccK8x8

▼カード名をタップしてAmazonで購入できます。

【闘ゲッコウガex】相性の良いカード

《ピジョットex》

特性「マッハサーチ」で毎ターン好きなカード1枚をサーチ。

created by Rinker
¥140 (2024/05/29 10:57:50時点 楽天市場調べ-詳細)

《オリジンパルキアVSTAR》

特性「スターポータル」により、トラッシュの水エネルギー3枚を自分の水ポケモンにつけます。

《闘ゲッコウガex》にはつけられないため、《ケロマツ》や《かがやくゲッコウガ》につけましょう。

created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥220 (2024/05/29 15:00:39時点 Amazon調べ-詳細)

《ガチグマアカツキex》

終盤のサブアタッカーとして優秀です。

created by Rinker
Generic
¥289 (2024/05/30 00:18:09時点 Amazon調べ-詳細)

《かがやくフーディン》

特性「ペインスプーン」で、相手に乗せたダメカン2個を毎ターン付け替えることが可能です。

created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥2,610 (2024/05/29 14:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

《オーガポンいどのめんex》



シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

4 × five =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。