駿河屋のトレカタイムセール

【旧裏ポケカ】高額カードランキング・高額買取・初版見分け方【最新|相場価格】

記事の感想をコメントしよう! 0

旧裏「ポケモンカード」高額・最新情報

この記事では、人気が急上昇している「ポケモンカード」の旧裏カードの価格をランキングで紹介していきます。

旧裏カードとは

「旧裏カード」とは、初期に販売されていたカードのことであり、裏面が現在とは違うデザインになっているため「旧裏」と呼ばれています。

2001年7月19日に、海外のポケモンカードと裏面のデザインを合わせるために、現在のデザイン変更されました。

そのため、どれも大変希少性の高いカードとなっています。

なぜ高騰しているのか?

希少性の高さと、需要の増加により高騰しています。

昔から人気の高い「ポケモンカード」でしたが、2017〜2018年に「第一次ポケカバブル」が起こりました。

SNSやポケモン人気などの影響でポケカの需要が高まり大暴騰し、その後は公式の生産強化により価格が下落。

しかし、2021年頃にコロナによる巣ごもり需要の影響で再び「第二次ポケカバブル」が始まります。

人気が再熱し、コレクターも増加したため旧裏カードがさらに高騰しています。

旧裏カード買取ランキング

順位カード名2023/09/29
1位《ピカチュウ》(ポケモンスナップ)9,500,000円
2位《ポケモンイラストレーター》9,000,000円
3位《ガルーラ》(親子大会)7,500,000円
4位《ヒトカゲ》(ポケモンスナップ)7,000,000円
5位《ゼニガメ》(ポケモンスナップ)6,000,000円
6位《ギャラドス》(ポケモンスナップ)6,000,000円
7位《コイキング》(ポケモンスナップ)6,000,000円
8位《フシギダネ》(ポケモンスナップ)6,000,000円
9位《フリーザー》(ポケモンスナップ)4,000,000円
10位《リザードン》(初版/かいりき)3,000,000円
買取価格は駿河屋を参考にしています。

旧裏以外の高額カードランキング

1位:《ピカチュウ》(ポケモンスナップ)

No.025
リリース1999年

無「かじる」10

雷無「でんげき」30
コインを投げて「うら」なら、自分にも10ダメージ。

POINT
  • キャラクターの人気が高い
  • プロモカード
  • 世界に20枚
  • 20年以上前に入手可能
2023/9/29
販売価格35,000,000円
買取価格9,500,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

1999年3月21日に発売されたNINTENDO64用ソフト「ポケモンスナップ」のイベント「ポケモンスナップ ベストフォトコンテスト」入賞プロモカードです。

このイベントは、1999年6月14日まで開催され、ユーザーが作品を投稿して入賞すれば自分のイラストが実際のポケモンカードになるという企画でした。

また、20枚しか配布されておらず、20年前のカードという希少性で超高額のカードです。

2位:《ポケモンイラストレーター》

No.
リリース1997年

ポケモンカードゲームイラストコンテストにおいて、あなたのイラストは、優秀であることが認められました。そこで、あなたをポケモンカード公式認定イラストレーターと認め、その栄誉をたたえます。

POINT
  • キャラクターの人気が高い
  • 26年前に入手可能
  • 入手難易度が高い
2023/9/29
販売価格30,000,000円
買取価格9,000,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

1997年に「コロコロコミック」で行われたイラストコンテストの優秀賞以上の方に配布されたカード。

合計39枚しか配布されておらず、希少性が高いため高額です。

コロコロコミック年号イベント名/条件枚数
1997年11月号「ポケットモンスターカードゲームイラストアーティストコンテスト」/優秀賞以上23
1998年5月号「映画ミュウツーの逆襲公開記念イラストアーティストコンテスト」/優秀賞以上8
1998年6月号「映画公開記念ピカチュウのなつやすみイラストコンテスト」/優秀賞以上8

3位:《ガルーラ》(親子大会)

No.115
リリース1998年

無「ピヨピヨパンチ」10×
コインを2枚投げ、「おもて」の数×10のダメージ。

無無無「メガトンパンチ」30

POINT
  • 20年以上前に入手可能
  • 大会プロモ
  • 配布枚数不明
2023/9/29
販売価格6,000,000円
買取価格7,500,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

1998年に開催された「ガルーラ親子大会」で入賞者に配布されたプロモカード。

「ガルーラ親子大会」は、大会のサイドイベントなどで開催され、専用のルールで戦います。

配布枚数やどの大会で配布されたかはっきりとわかっておらず、調べた方がこちらの記事で詳しく解説されています。

4位:《ヒトカゲ》(ポケモンスナップ)

No.004
リリース1999年

無「ひっかく」10

炎無「ひのこ」30
自分の「炎」エネルギーカードを1枚はがしてすてる。

POINT
  • プロモカード
  • 世界に20枚
  • 20年以上前に入手可能
2023/9/29
販売価格8,000,000円
買取価格7,000,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

《ピカチュウ》と同じく、1999年3月21日に発売されたNINTENDO64用ソフト「ポケモンスナップ」のイベント「ポケモンスナップ ベストフォトコンテスト」入賞プロモカードです。

5位:《ゼニガメ》(ポケモンスナップ)

No.007
リリース1999年

水「あわ」10
コインを投げて「おもて」なら、相手を「マヒ」状態にする。

水無「からにこもる」
コインを投げて「おもて」なら、次の相手の番に受けるダメージが0になる。

POINT
  • プロモカード
  • 世界に20枚
  • 20年以上前に入手可能
2023/9/29
販売価格12,000,000円
買取価格6,000,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

《ピカチュウ》と同じく、1999年3月21日に発売されたNINTENDO64用ソフト「ポケモンスナップ」のイベント「ポケモンスナップ ベストフォトコンテスト」入賞プロモカードです。

6位:《ギャラドス》(ポケモンスナップ)

No.130
リリース1999年

水水水「りゅうのいかり」50

水水水水「バブルこうせん」40
コインを投げて「おもて」なら、相手を「マヒ」状態にする。

POINT
  • プロモカード
  • 世界に20枚
  • 20年以上前に入手可能
2023/9/29
販売価格10,000,000円
買取価格6,000,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

《ピカチュウ》と同じく、1999年3月21日に発売されたNINTENDO64用ソフト「ポケモンスナップ」のイベント「ポケモンスナップ ベストフォトコンテスト」入賞プロモカードです。

7位:《コイキング》(ポケモンスナップ)

No.129
リリース1999年

無「たいあたり」10

水「じたばた」10×
自分のダメージカウンターの数×10のダメージを与える。

POINT
  • プロモカード
  • 世界に20枚
  • 20年以上前に入手可能
2023/9/29
販売価格10,000,000円
買取価格6,000,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

《ピカチュウ》と同じく、1999年3月21日に発売されたNINTENDO64用ソフト「ポケモンスナップ」のイベント「ポケモンスナップ ベストフォトコンテスト」入賞プロモカードです。

8位:《フシギダネ》(ポケモンスナップ)

No.001
リリース1999年

草草「やどりぎのタネ」20
相手にダメージをあたえることができたら、その時点で自分のダメージカウンターを1つとりのぞくことができる。

POINT
  • プロモカード
  • 世界に20枚
  • 20年以上前に入手可能
2023/9/29
販売価格9,000,000円
買取価格6,000,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

《ピカチュウ》と同じく、1999年3月21日に発売されたNINTENDO64用ソフト「ポケモンスナップ」のイベント「ポケモンスナップ ベストフォトコンテスト」入賞プロモカードです。

9位:《フリーザー》(ポケモンスナップ)

No.144
リリース1999年

水水水「フリーズドライ」30
コインを投げて「おもて」なら、相手を「マヒ」状態にする。

水水水水「ふぶき」50
コインを投げて「おもて」なら相手の控えポケモン全員に、「うら」なら自分の控えポケモン全員に、(「弱点・抵抗力」に関係なく)それぞれ10ダメージ。

POINT
  • プロモカード
  • 世界に20枚
  • 20年以上前に入手可能
2023/9/29
販売価格6,400,000円
買取価格4,000,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

《ピカチュウ》と同じく、1999年3月21日に発売されたNINTENDO64用ソフト「ポケモンスナップ」のイベント「ポケモンスナップ ベストフォトコンテスト」入賞プロモカードです。

10位:《リザードン》(初版/かいりき)

No.025
リリース1996年

特殊能力「エナジーバーン」
リザードンは、「炎」以外の自分のエネルギーを「炎」エネルギーとして扱うことができる。「こんらん」状態のときには使えない。

炎炎炎炎「ほのおのうず」100
自分のエネルギーカードを2枚はがしてすてる。

POINT
  • キャラクターの人気が高い
  • 初版のカード
  • エラーカード
2023/9/29
販売価格4,500,000円
買取価格3,000,000円
販売価格はメルカリ・フリマサイトなどを参考、買取価格は駿河屋を参考

1996年10月20日発売のポケットモンスターカードゲーム 第1弾拡張パックに収録されていたカード。

旧裏の中でも、20年以上前に発売された初版のカードは美品の物がほとんど残っていないため、高値で取引されています。

また、初版の《リザードン》はエラーカードであることも高騰の理由です。

実際の「リザードン」は「かえんポケモン」のはずですが、初版の《リザードン》は「かいりきポケモン」になっています。

初版の見分け方

旧裏初版のカードかどうかの見分け方は、右下にレアリティマークがついていないことです。

再販されたカードには、「●」「◆」「★」でレアリティマークが記されています。

マークありか、マークなしで値段が何倍も変わるため、覚えておきましょう。

初版
再販

また、レアリティマークだけでは見分けがつかないカードもあるため注意です。

その場合は、どの商品に入っていたかがわかる「エキスパンションマーク」を見ることで見分けがつきます。

「エキスパンションマーク」がついていれば初版の可能性は低いです。

「エキスパンションマーク」がついておらず、右下のマークもついてなければ初版の可能性が高いです。

高騰しやすいカードの共通点

ポケモンの人気

ポケモンやキャラクターの人気によってカードの価格が変動します。

高騰しやすいポケモンといえば、「ピカチュウ」、「リザードン」、「イーブイズ」、「伝説のポケモン」などがあります。

イラスト

イラストの良し悪しによっても価格が変動することがあります。

人気のイラストレーターさんが描いたカードは、高騰することが多くなっています。

限定・大会プロモカード

限定のカードや大会でもらえるプロモカードは高騰しやすいです。

配布が終わった昔のプロモカードが高騰することが多く、二度と出回らない希少性が理由です。

カードの保管方法

ポケカは小さな傷や白欠け、曲がりなどで大きく価格が下がってしまうことがあります。

特に湿気や日光から守れるスリーブなどに入れて保管しましょう。

買取おすすめショップ

ポケカ買取のおすすめのショップを紹介しています。



シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

eighteen − 3 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。