駿河屋のトレカタイムセール

《ポピー》SAR判明!買取価格・封入率・値段推移【イラストレーター「村山竜大」】

記事の感想をコメントしよう! 0

新SARカード判明

この記事はフラゲ、リーク情報を含みます。

2023年7月28日(金)発売の拡張パック『黒炎の支配者』に収録される《ポピー》のスペシャルアートレアが判明しました。

この記事では《ポピー》SARの相場価格の推移や、高騰理由の解説などを掲載・更新していきます。

ポケモンカード スカーレット&バイオレット デッキビルドBOX『黒炎の支配者』
ノーブランド品

《ポピー》SAR 解説・価格推移・高騰理由

《ポピー》SAR の価格情報

カードナンバー138/108
レアリティSAR
イラストレーター村山竜大(Ryota Murayama)
収録『黒炎の支配者』

自分の場のポケモン1匹についているエネルギーを2個まで選び、自分の別のポケモン1匹につけ替える。

created by Rinker
¥3,480 (2024/06/17 19:18:23時点 楽天市場調べ-詳細)
POINT
  • 人気キャラクター
  • ポケモンシリーズの中でも最年少級であり、一部の層からの注目が高い
  • 効果は普通
  • SARは高額になりやすい
初動相場価格7/318/1210/8
メルカリ15,000円8,888円7,300円3,300円
販売価格21,800円14,800円12,400円4,880円
買取価格20,000円11,000円8,000円4,000円
販売価格・買取価格はカードラッシュを参考

SARは封入率が非常に低く、BOX1カートンで1〜2枚程となっているため高騰する傾向にあります。

「ポピー」の初登場は「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」で、パルデア地方のはがねタイプの四天王。

手持ちポケモンである「ダイオウドウ」の上で寝ている姿が描かれており、とても可愛らしいイラストになっています。

ポケモンシリーズの中でも最年少級のキャラクターで、一部の層からの注目が非常に高いです。

イラストレーターは村山竜大さん

イラストレーターは村山竜大(Ryota Murayama)さん。

過去に《コライドンex》のSAR、《ミュウ》のARのイラストなども担当されている人気のイラストレーターさんです。

7月15日時点の《コライドンex》SARのメルカリ価格は7,000円前後、《ミュウ》ARのメルカリ価格は2,000円前後と高額になっています。

created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥4,650 (2024/06/17 19:18:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ポケモンカードゲーム
¥50 (2024/06/18 05:41:09時点 Amazon調べ-詳細)

また、ポケモンセンターオリジナルフィギュア「コライドン」、「ミライドン」のポーズデザインも担当されています。

created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥29,700 (2024/06/17 09:37:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ポケモン(Pokemon)
¥29,700 (2024/06/17 09:37:44時点 Amazon調べ-詳細)

購入するタイミング

発売後1〜2ヶ月後がおすすめです。

女性キャラクターのSARは初動が高く、発売後1〜2ヶ月後に価格が安定することが多い傾向にあります。

《ナンジャモ》SARも発売直後の初動価格で230,000円以上していましたが、発売から10日後には145,000円にまで落ち着いていました。

また、『黒炎の支配者』の再販も決まっており、8月下旬から9月中旬頃に予定されています。

再販後は流通量が多くなるため、価格が下がりやすい傾向にあります。

収録パック

ポケモンカード スカーレット&バイオレット デッキビルドBOX『黒炎の支配者』
ノーブランド品


シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

four × 5 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。