【ジャパンスタンダードカップ:カルロフ邸殺人事件】結果!優勝・入賞デッキレシピ一覧【MTG|2月11日開催】

記事の感想をコメントしよう! 0


≫ MtG新弾予約・商品一覧


「ジャパンスタンダードカップ:カルロフ邸殺人事件」優勝・入賞デッキ

順位デッキ
優勝【エスパーミッドレンジ】
準優勝【ドメインランプ】
ベスト4【ラクドス発見】
【アゾリウステンポ】
ベスト8【ディミーアミッドレンジ】
【エスパーミッドレンジ】
【スゥルタイリアニメイト】
【エスパーレジェンズ】
「スタンダード」フォーマット

メタゲームブレイクダウン

ジャパンスタンダードカップ:カルロフ邸殺人事件 デッキ分布
アークタイプ使用数使用率
ボロス召集6314.2%
ドメイン・ランプ5211.7%
エスパー・ミッドレンジ4911.0%
ラクドス・ミッドレンジ419.2%
ゴルガリ・ミッドレンジ255.6%
ディミーア・ミッドレンジ235.2%
赤単アグロ153.4%
アゾリウス・テンポ132.9%
アゾリウス・コントロール122.7%
バント毒性92.0%
アゾリウス・メンター71.6%
グルール・アグロ61.3%
グルール恐竜61.3%
オルゾフ・ミッドレンジ51.1%
ボロス人間51.1%
5色レジェンズ40.9%
エスパー・コントロール40.9%
ジャンド・ミッドレンジ40.9%
白単ミッドレンジ40.9%
ディミーア・ブリーチ40.9%
ボロス・アグロ40.9%
アゾリウス象形30.7%
イゼット象形30.7%
ジェスカイ・コントロール30.7%
スゥルタイ・ミッドレンジ30.7%
ラクドス・ブリーチ30.7%
(2名以下)7511.2%
開催日2024年2月11日(日)
会場神奈川県横浜市・パシフィコ横浜
本戦概要フォーマット : スタンダード
定員:770名
人数に応じたスイス式ラウンド(最大10回戦)+ TOP8による決勝シングルエリミネーション(TOP8)

TOP8 チャンピオンズカップファイナル(シーズン2ラウンド3)の出場権利
9位-16位 チャンピオンズカップエリア予選(シーズン2ラウンド3)の出場権利
公式サイトMTG公式サイト

参加賞・賞金

参加賞

  • 《An Offer You Can’t Refuse》ノーマル版と《Explore》ノーマル版:各1枚ずつ
  • ターボタウン参加券(スタンダード専用)合計2枚

賞金

賞金総額:$13,000(日本円:約194万円)

  • 1位:$4,300+楽天ポイント50,000ポイント
  • 2位:$1,500
  • 3-4位:$900
  • 5-8位:$450
  • 9-16位:$250
  • 17-32位:$100

優勝【エスパーミッドレンジ】

準優勝【ドメインランプ】

ベスト4【ラクドス発見】

【ラクドス発見】は、戦場に出すだけで2枚分の働きをしてくれる《地質鑑定士》と《嘶くカルノサウルス》の「発見」でアドを稼ぎつつ、【ラクドス・ミッドレンジ】の定番である《切り崩し》と《喉首狙い》の単体除去コンビで攻めていくデッキです。

  • マナ総量がN以下であり⼟地でないカード1枚が公開されるまで、あなたのライブラリーの⼀番上から1枚ずつ追放していく。そのカードが『発⾒された』カードである。
  • その結果としてなる呪⽂のマナ総量がN以下であるなら、あなたはそのカードを、マナ・コストを⽀払うことなく唱えてもよい。
  • そうしないなら、そのカードをあなたの⼿札に加える。
  • 残りの追放されたカードをあなたのライブラリーの⼀番下に無作為の順番で置く。

ベスト4【アゾリウステンポ】

ベスト8【ディミーアミッドレンジ】

ベスト8【エスパーミッドレンジ】

ベスト8【スゥルタイリアニメイト】

ベスト8【エスパーレジェンズ】

全参加者のデッキレシピはこちら

配信動画

決勝戦
準々決勝・準決勝
管理人

皆さんおめでとうございます


記事をシェア

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

10 + 16 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。