【2024年 エスパープレインズウォーカー・ミッドレンジ】優勝・入賞デッキレシピ一覧【MtG・MTGA|スタンダード】

記事の感想をコメントしよう! 0


≫ MtG新弾予約・商品一覧


【エスパープレインズウォーカー】の特徴

特徴白青黒 / プレインズウォーカー / コントロール
戦術白黒の除去と青のカウンターで盤面をコントロールし、プレインズウォーカーを中心に攻めていく。

他テーマの優勝・入賞デッキレシピ一覧はこちら

created by Rinker
マジック:ザ・ギャザリング
created by Rinker
ノーブランド品
¥47,980 (2024/02/26 09:47:45時点 Amazon調べ-詳細)

2024/02/11【エスパーミッドレンジ】「ジャパンスタンダードカップ:カルロフ邸殺人事件」優勝デッキ

2024/02/11【エスパーミッドレンジ】「ジャパンスタンダードカップ:カルロフ邸殺人事件」ベスト8入賞デッキ

2023/09/24【エスパーミッドレンジ】「第29回 マジック:ザ・ギャザリング世界選手権」ベスト8入賞デッキ

2022/02/17【エスパーコントロール】「第三回スタンダード王決定戦 in 神河」優勝デッキ

https://twitter.com/ad1Q8Q/status/1494255624489963520
60枚メインボード
4《婚礼の発表/Wedding Announcement》/《婚礼の祭典/Wedding Festivity》
2《放浪皇/The Wandering Emperor》
2《蜘蛛の女王、ロルス/Lolth, Spider Queen》
2《不笑のソリン/Sorin the Mirthless》
3《漆月魁渡/Kaito Shizuki》
4《消失の詩句/Vanishing Verse》
2《冥途灯りの行進/March of Otherworldly Light》
3《ジュワー島の撹乱/Jwari Disruption》/《ジュワー島の遺跡/Jwari Ruins》
2《象徴学の教授/Professor of Symbology》
2《神憑く相棒/Spirited Companion》
2《ひきつり目/Eyetwitch》
2《よろめく怪異/Shambling Ghast》
2《冥府の掌握/Infernal Grasp》
4《食肉鉤虐殺事件/The Meathook Massacre》
1《皇国の地、永岩城/Eiganjo, Seat of the Empire》
1《天上都市、大田原/Otawara, Soaring City》
1《平地/Plains》
1《島/Island》
1《沼/Swamp》
4《難破船の湿地/Shipwreck Marsh》
1《清水の小道/Clearwater Pathway》/《泥水の小道/Murkwater Pathway》
4《陽光昇りの小道/Brightclimb Pathway》/《恐怖昇りの小道/Grimclimb Pathway》
4《さびれた浜/Deserted Beach》
2《連門の小道/Hengegate Pathway》/《霧門の小道/Mistgate Pathway》
4《砕かれた聖域/Shattered Sanctum》
15枚サイドボード
1《壊死放出法/Necrotic Fumes》
1《環境科学/Environmental Sciences》
1《マスコット展示会/Mascot Exhibition》
1《記憶留出法/Reduce to Memory》
3《呪文貫き/Spell Pierce》
2《強迫/Duress》
2《放浪者の介入/Wanderer’s Intervention》
2《才能の試験/Test of Talents》
2《危難の道/Path of Peril》
created by Rinker
ノーブランド品
¥47,980 (2024/02/26 09:47:45時点 Amazon調べ-詳細)
MTG 食肉鉤虐殺事件
ノーブランド品

記事をシェア

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

5 × 5 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。