EXデッキ封じ「ユニオンキャリアー×ドラゴンバスターブレード」出張セット解説【遊戯王】

記事の感想をコメントしよう! 0


≫ 遊戯王 新弾予約・商品一覧


コンボ・ギミック記事一覧

その他の出張セット記事はこちら

「ユニオンキャリアー×ドラゴンバスターブレード」出張セットの特徴

《ユニオン・キャリアー》の効果でデッキから《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を装備することで、相手のEXデッキからの特殊召喚をできなくします。

元々は【バスター・ブレイダー】で使われるギミックでしたが、《ユニオン・キャリアー》の登場によって様々なデッキに採用されるようになりました。

必要なカードメインデッキ
《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》×1
「闇属性」か「ドラゴン族」のモンスター

エクストラデッキ
《ユニオン・キャリアー》×1
結果相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない
管理人

《ユニオン・キャリアー》の効果で装備する場合、装備対象モンスターとデッキから呼び出すモンスターの属性か種族を一致させる必要があるため、《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》と同じ「闇属性」か「ドラゴン族」のモンスターが必要です。

最近では環境トップの【スプライト】が闇属性なので、採用されることがあります。

《I:Pマスカレーナ》を使えば、相手ターンに展開することも可能です。

出張セットに必要なカード

《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 400/守 300
「破壊剣-ドラゴンバスターブレード」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードが装備されている場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない
(3):このカードが装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。

created by Rinker
ブレイカーズ・オブ・シャドウ
¥125 (2024/03/03 20:18:04時点 Amazon調べ-詳細)
《ユニオン・キャリアー》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:右/下】
種族または属性が同じモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び
攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する
この効果でデッキから装備した場合、
ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。

created by Rinker
遊戯王OCG
¥285 (2024/03/04 01:39:19時点 Amazon調べ-詳細)
《I:Pマスカレーナ》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。

(2):このカードをリンク素材としたリンクモンスターは相手の効果では破壊されない。

created by Rinker
ノーブランド品
¥673 (2024/03/03 20:18:02時点 Amazon調べ-詳細)

出張セットを活用しているデッキテーマ例


記事をシェア

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

three × one =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。