プロモ《マジックカード「クロス・ソウル」》Vジャンプ4月特大号付属・予約・相性の良いカード紹介【遊戯王速報】

記事の感想をコメントしよう! 0


≫ 遊戯王 新弾予約・商品一覧


遊戯王OCGの新カードが判明

2024年2月21日(水)発売の、Vジャンプ4月特大号に付属するプロモカード《マジックカード「クロス・ソウル」》が判明しました。

この記事でわかること
  • 新カードの効果テキスト
  • 新カードの評価
  • 新カードの使い方
  • 予約・購入情報
  • 相性の良いカードやデッキ

新規カード一覧

《マジックカード「クロス・ソウル」》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):モンスター1体のアドバンス召喚を行う。
その際、自分フィールドのモンスターの代わりに相手フィールドのモンスターをリリースする事もできる。
この効果でアドバンス召喚したモンスターはこのターン、リリースできない。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
相手はこのカードの(1)の効果を適用できる。

引用元:遊戯王.jp

相手または自分のモンスターをリリースしてアドバンス召喚をします。
レベル5・6のアドバンス召喚で相手モンスターを1体除去でき、レベル7以上であれば2体、「三幻神・三邪神」であれば3体除去することが可能です。

②の効果はデメリットであり、実質お互いにアドバンス召喚をすることになるため注意。
相手が上級モンスターの少ないデッキであっても、《原始生命態ニビル》が採用されている場合もあるため対策が必要です。

評価

《マジックカード「クロス・ソウル」》の評価

ポジティブな評価が多数です。具体的には以下のような声がありました。

  • マジックカード「クロス・ソウル」にチェーンアトラクターめっちゃ強そう
  • 既存の光の黄金櫃関連と違って相手の場にあっても構わないの最高だな
  • マクロコスモスだとクロスソウル本体も除外されてデメリット踏み倒せるからシナジーあるし良い感じある
  • 交差する魂の裁定を見るに耐性貫通出来そうだな
  • マジックカード「死者蘇生」 マジックカード「クロスソウル」 ( ゚∀゚)なるほど、次はマジックカード「魔法除去」に違いない 原作で魔法にチェーンして使ってた気がする

使い方解説

参考になる、新規カードの使い方解説動画です。

「Vジャンプ4月特大号」予約先一覧

予約
楽天市場で予約
Yahoo!ショッピングで予約
Amazonで予約
au PAY マーケットで予約
発売日から遠いと予約が始まっていない可能性があります

相性の良いカード

《マクロコスモス》

《マジックカード「クロス・ソウル」》の②のデメリット効果は、フィールドから墓地へ送られた場合であるため、魔法・罠を墓地に送らせない《マクロコスモス》と相性が良いです。

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥170 (2024/03/04 01:12:08時点 Amazon調べ-詳細)

《妖精伝姫-シラユキ》

《マジックカード「クロス・ソウル」》の発動にチェーンして《妖精伝姫-シラユキ》のコストにすることで、デメリットを回避することも可能です。

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥242 (2024/03/04 02:27:50時点 Amazon調べ-詳細)

「三幻神」

相手モンスターを3体除去しつつ、アドバンス召喚することができます。

created by Rinker
決闘者の栄光
¥2,200 (2024/03/03 18:15:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
決闘者の栄光
¥2,700 (2024/03/03 18:15:05時点 Amazon調べ-詳細)


記事をシェア

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

five × 4 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。