【光の黄金櫃】新規!《黒き魔術師-ブラック・マジシャン》《黒魔術のバリア-ミラーフォース-》評価・使い方解説・相性の良いカード紹介!【遊戯王速報】

記事の感想をコメントしよう! 0


≫ 遊戯王 新弾予約・商品一覧


遊戯王OCGの新規カード判明・解説

2024年4月27日(土)発売の『INFINITE FORBIDDEN』に収録される《黒き魔術師-ブラック・マジシャン》《黒魔術のバリア-ミラーフォース-》が判明しました。

この記事でわかること
  • 新カードの効果テキスト
  • 新カードの評価
  • 新カードの使い方
  • 相性の良いカードやデッキ
  • デッキ構築案
  • 収録される商品、予約情報

新規カード一覧

INFO-JP006《黒き魔術師-ブラック・マジシャン》

効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2100
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドに「光の黄金櫃」が存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「ブラック・マジシャン」として扱う。
(3):このカードが効果で破壊された場合、
フィールドにレベル5以上のモンスターが存在していれば発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、デッキから「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。

Amazonで最安値を探す

INFO-JP069《黒魔術のバリア-ミラーフォース-》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、またはフィールドのモンスターを破壊する相手モンスターの効果が発動した時、
「光の黄金櫃」のカード名が記されたモンスターが自分フィールドに存在していれば発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。
自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、
さらに破壊したモンスターの数×500ダメージを相手に与える。
このカードの発動後、このターン中、
「光の黄金櫃」が記された自分フィールドのモンスターはそれぞれ1度だけ戦闘・効果では破壊されない。

Amazonで最安値を探す

使い方解説

評価

発表時の反応

《黒き魔術師-ブラック・マジシャン》の評価

ポジティブな評価が多数です。具体的には以下のような声がありました。

  • 墓地でもブラック・マジシャンにカード名をできたらかなり強かったのに惜しいな
  • 既存の光の黄金櫃関連と違って相手の場にあっても構わないの最高だな
  • 破壊された時蘇生できるの、ガンドラでぶっぱされても帰って来れるってこと?
  • 光の黄金櫃が相手フィールドにあってもいいって聞いてうわすげぇってなった
  • 永遠の魂自壊に巻き込まれても後続引っ張ってこれるのは評価できる
《黒魔術のバリア-ミラーフォース-》の評価

ポジティブな評価が多数です。具体的には以下のような声がありました。

  • 破壊効果に反応するのめちゃくちゃ便利では
  • 黒魔術のバリア ミラーフォース!? しかもブラマジ!?

相性の良いカード

【光の黄金櫃】関連

《光の黄金櫃》

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥3,680 (2024/03/04 13:35:59時点 Amazon調べ-詳細)

《破壊竜ガンドラG》

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥3,250 (2024/03/04 14:32:02時点 Amazon調べ-詳細)

収録パック

《黒き魔術師-ブラック・マジシャン》《黒魔術のバリア-ミラーフォース-》は、2024年4月27日(土)発売の『INFINITE FORBIDDEN』に収録されます。

出典


記事をシェア

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

five × 5 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。