駿河屋のトレカタイムセール

高騰!《デスマッチ・ビートル》買取価格・理由解説【デュエマ速報】

記事の感想をコメントしよう! 0

最新の情報をチェック!

ネット買取は「遊々亭」がおすすめです。

《デスマッチ・ビートル》が高騰

デスマッチ・ビートル カード画像
《デスマッチ・ビートル》

自然文明 (2)
クリーチャー:ジャイアント・インセクト 13000
ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーからこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーは攻撃できない。
相手のターン中、相手のクリーチャーがコストを支払わずに出た時、このクリーチャーとそのクリーチャーをバトルさせてもよい。

2024年4月5日現在、《デスマッチ・ビートル》のショップ買取価格が300円に高騰しています。

メルカリ価格はこちら

https://twitter.com/hbst_ikebukuro/status/1776222420241891394

おすすめ買取ショップ

おすすめの買取ショップは、買取業者比較記事を参考にしてください。

高騰理由:【黒緑アビス】のメタカードとして採用

《デスマッチ・ビートル》は、【黒緑アビス】のコスト踏み倒しメタカードとして【青緑ジャイアント】に採用されたことで高騰しています。

《デスマッチ・ビートル》は、相手がコストを踏み倒してクリーチャーを出した時に自身と強制バトルさせるため、パワー11000以下のクリーチャーが中心の【黒緑アビス】に刺さります。

また、《アエヌ=マクア》からの《アビスベル=覇=ロード》の的にならないため採用しやすいカードです。

さらに、踏み倒しメタとして【赤青マジック】にも刺さり、「メクレイド」などの召喚にも反応します。



シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

10 − 2 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。