駿河屋のトレカタイムセール

【2023年 HERO】優勝・入賞デッキレシピ一覧【遊戯王】

記事の感想をコメントしよう! 0

【HERO】の特徴

【HERO】おすすめポイント

  1. E・HERO、D-HERO、E-HERO、M・HERO・V・HEROを組み合わせたビートダウンデッキ!
  2. 相手の動きによって臨機応変に対応できる!
  3. 様々な組み合わせができるので、構築はプレイヤーの腕次第!

他テーマの優勝・入賞デッキレシピ一覧はこちら

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥169 (2024/04/14 17:46:24時点 Amazon調べ-詳細)

2023/11/05【HERO/ユベル】サテライトショップ千葉中央「カードラボサテフェス」優勝デッキ

2022/01/17【HERO】サテライトショップ大阪梅田「ランキングデュエル」優勝デッキ

https://twitter.com/duelsalon_taiyo/status/1497512130555232258
created by Rinker
遊戯王OCG
¥149 (2024/04/14 10:43:54時点 Amazon調べ-詳細)

2022/01/17【ファリスHERO】サテライトショップ大阪梅田「ランキングデュエル」優勝デッキ

https://twitter.com/cardbox_stosaka/status/1483008565623214080

2021/12/22【ファリスHERO】サテライトショップ広島「ランキングデュエル」優勝デッキ

https://twitter.com/stllt_hiroshima/status/1473609953554604036

2021/09/25【ファリスHERO】「仙台卍CS」優勝、2021/09/23「シゲCS」優勝デッキ

https://twitter.com/RED1002019/status/1441730349436866564
メインデッキ46枚
《V・HERO ヴァイオン》3
《V・HERO ファリス》3
《V・HERO インクリース》1
《D-HERO ディアボリックガイ》2
《D-HERO Bloo-D》1
《D-HERO ダイナマイトガイ》1
《D-HERO ディナイアルガイ》1
《E・HERO エアーマン》2
《E・HERO シャドー・ミスト》2
《E・HERO リキッドマン》1
《E・HERO オネスティ・ネオス》1
《灰流うらら》3
《増殖するG》2
《ヒーローアライブ》2
《フュージョン・デステニー》3
《マスク・チェンジ》3
《禁じられた一滴》3
《D-フォース》2
《墓穴の指名者》2
《抹殺の指名者》2
《おろかな埋葬》1
《増援》1
《融合》1
《ミラクル・フュージョン》1
《ブレイク・ザ・デステニー》1
《無限泡影》1
エクストラデッキ15枚
《M・HERO ダーク・ロウ》2
《M・HERO ブラスト》1
《E・HERO サンライザー》1
《E・HERO アブソルートZero》1
《E・HERO エスクリダオ》1
《D-HERO デストロイフェニックスガイ》1
《D-HERO ディストピアガイ》1
《D-HERO デッドリーガイ》1
《X・HERO クロスガイ》2
《X・HERO ドレッドバスター》1
《X・HERO ワンダー・ドライバー》1
《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》1
《永遠の淑女 ベアトリーチェ》1
サイドデッキ15枚
《増殖するG》2
《アーティファクト-ロンギヌス》3
《原始生命態ニビル》1
《ダイナレスラー・パンクラトプス》1
《ハーピィの羽根帚》1
《ライトニング・ストーム》2
《サイクロン》1
《冥王結界波》1
《レッド・リブート》1
created by Rinker
遊戯王OCG
¥210 (2024/04/14 22:04:22時点 Amazon調べ-詳細)


シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

ten − 5 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。