駿河屋のトレカタイムセール

「反転召喚」のルールが変更され強化!【遊戯王ルール解説】

記事の感想をコメントしよう! 0

「反転召喚」のルールが変更

2023年10月2日に「反転召喚」のルールが変更されました。

急なタイミングでルールが変更されたため、2023年11月25日(土)に発売される『TERMINAL WORLD(ターミナルワールド)』にて、リバーステーマが強化されると予想されます。

「リバース」「反転召喚」とは

「リバース」とは

裏側表示のモンスターが表側表示になること。

「反転召喚」と「裏側表示のモンスターが攻撃や効果で表側表示になること」の両方をさします。

「反転召喚」とは

フィールド上に存在する裏側守備表示のモンスターを、プレイヤーが1ターンに一度の表示形式変更で表側攻撃表示にすること。

また、セットされたモンスターをそのターンに反転召喚することはできません。

「反転召喚」の流れ

STEP

反転召喚するモンスターをリバース(必ず表側攻撃表示)

STEP

《神の宣告》、《昇天の角笛》等の反転召喚を無効にするカウンター罠の発動タイミング

STEP

STEP2で反転召喚を無効にされなかった場合、反転召喚が成功

「反転召喚」ルール変更点

ルール変更前

「リバース」から「反転召喚」が成功するまでの間は、一度召喚しているにも関わらずフィールド以外の場所に存在する扱い

ルール変更後

「リバース」から「反転召喚」が成功するまでの間も、フィールドに存在する扱い

「反転召喚」を無効にして破壊されても蘇生制限を満たすようになった

《月の書》で裏側表示にされた特殊モンスターの「反転召喚」を、《神の宣告》などで無効にし破壊された場合でも、フィールドから墓地に送られた扱いになったため、「蘇生制限」を満たし墓地からモンスターを蘇生させることが可能になりました。

「反転召喚」を無効にして破壊されても蘇生制限を満たすようになった

フィールドを離れた場合に発動する効果を使えるようになった

《クリッター》の「反転召喚」を、《神の宣告》などで無効にして破壊された場合でも、「フィールドから墓地へ送られた場合に発動する」効果を使えるようになりました。

「フィールドモンスターを守る」効果のカードで防げるようになった

相手に「反転召喚を無効にして破壊する」効果を発動されたとき、《デストラクション・ジャマー》などの「フィールド上のモンスターを破壊する効果」を持つカードの発動を無効化するカードで守れるようになりました。

その他変更点・詳しい裁定は公式サイトをご確認ください

強化されたカード

【ワーム】が強化されたとSNSなどで話題になっています。

《王者の看破》

created by Rinker
遊戯王 (PHSW)フォトン・ショックウェーブ
¥217 (2024/07/15 03:07:49時点 Amazon調べ-詳細)

《守護神エクゾード》

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥284 (2024/07/15 03:07:50時点 Amazon調べ-詳細)

《寄生虫パラサイド》

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント
¥596 (2024/07/15 03:07:51時点 Amazon調べ-詳細)


シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

seventeen + four =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。