駿河屋のトレカタイムセール

新規・再録カード《煉獄邪神M・R・C・ロマノフ》《ガイアール・カイザーP’S》《ダーク・ルピア》など7種判明・デュエプレ逆輸入【デュエマ速報】

記事の感想をコメントしよう! 0

最新の情報をチェック!

▶︎ 最新の速報はこちら

2月中旬発売のデュエプレコラボデッキ『激竜の英雄&邪眼の始祖』に収録される《煉獄邪神M・R・C・ロマノフ》《ガイアール・カイザーP’S》《ダーク・ルピア》など7種が判明しました。

収録パック『激竜の英雄&邪眼の始祖』
特徴デュエプレ逆輸入|超次元|ロマノフ

新規・再録カード一覧

《ダーク・ルピア》

《ダーク・ルピア》

《ガイアール・カイザーP’S》/《激竜王ガイアール・オウドラゴンP’S》

《ガイアール・カイザーP’S》/《激竜王ガイアール・オウドラゴンP’S》
両面カード

ガイアール・カイザーP’S 火文明 (8)
サイキック・クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 6000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
自分のシールドがブレイクされる時、そのシールドを見る。それを手札に加えるかわりに墓地に置いてもよい。そうしたら、こうして墓地に置いたカードのいずれかと同じコストのハンター・サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンから出す。

激竜王ガイアール・オウドラゴンP’S 火文明 (24)
サイキック・スーパー・クリーチャー:キング・コマンド・ドラゴン/ハンター 25000
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて破壊する。
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
リンク解除(このクリーチャーが離れる時、そのサイキック・セルのいずれか1枚を選んで超次元ゾーンに戻し、残りのカードを裏返す)

《超次元ガイアール・ホール》

《超次元ガイアール・ホール》

火文明 (6)
呪文
自分の超次元ゾーンから火のサイキック・クリーチャーを、コストの合計が8以下になるように2体まで選び、バトルゾーンに出す。

《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》

《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》

光/火文明 (4)
クリーチャー:スピリット・クォーツ/ロスト・クルセイダー 1000
S・トリガー
ブロッカー
バトルゾーンに出た時、相手のパワー2000以下のクリーチャー1体を破壊する。

《煉獄邪神M・R・C・ロマノフ》

《煉獄邪神M・R・C・ロマノフ》

闇/火文明 (20)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 17000
墓地進化GV-墓地の闇または火のクリーチャー3枚
このクリーチャーの召喚コストは、すべての墓地にあるカード1枚につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならず、かつこのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
メテオバーンX:攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを3枚まで墓地に置いてもよい。そうした場合、自分の墓地からコスト6以下の闇または火の呪文を超探索し、こうして墓地に置いたカード1枚につき1枚、コストを支払わずに唱える。その後、その呪文を唱えた順番で自分の山札の一番下に置く。
T・ブレイカー

《邪眼皇ロマノフI世》

《邪眼皇ロマノフI世》

闇文明 (7)
クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 8000
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の山札を見る。その中から闇のカードを1枚選び、墓地に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地にある闇の、コストが6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。そうしたら、その呪文を山札の下に置く。

《邪眼獣ヤミノオーダー》

《邪眼獣ヤミノオーダー》

闇/火文明 (4)
クリーチャー:ダーク・モンスター/ゴースト/ナイト 2000
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。その後、自分の墓地にある闇または火のカードの枚数以下のコストを持つ相手のクリーチャーを1体破壊する。
自分の墓地に名前に《ロマノフ》とあるカードがあるなら、このカードは「S・トリガー」を得る。

収録パック



シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

3 × 3 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。