駿河屋のトレカタイムセール

超高騰!《不死の墓守 シヴァンリンネ》買取価格・理由解説【デュエマ速報】

記事の感想をコメントしよう! 0

最新の情報をチェック!

▶︎ 最新の速報はこちら

《不死の墓守 シヴァンリンネ》が高騰

《不死の墓守 シヴァンリンネ》

闇文明 (8)
クリーチャー:デーモン・コマンド/不死樹王国 11000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚を墓地に置いてもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、コスト4以下のクリーチャーをすべて、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
<フシギバース>[闇(12)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇(12)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇(1)]より小さくならない)

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥1,970 (2024/05/29 22:12:28時点 Amazon調べ-詳細)

2022年8月27日現在、ショップでの買取価格が1,800円となっています。

https://twitter.com/card_strike/status/1563499489394294785

おすすめ買取ショップ

おすすめの買取ショップは、買取業者比較記事を参考にしてください。

高騰の理由は【青黒星雲人ワンショット】

8/27に開催された定員896人名規模の大型イベント「超CSⅣ京都」で、《不死の墓守 シヴァンリンネ》を採用したコンボデッキ【青黒星雲人ワンショット】がベスト16に入賞したことがきっかけで注目されました。

デッキコンセプト

《龍頭星雲人》をフシギバースして《不死の墓守 シヴァンリンネ》を出し、《奇天烈 シャッフ》等を《鬼ヶ邪王 ジャオウガ・ゼロ》でスピードアタッカーにしてワンショットします。

アグロ系のデッキには《秩序の意志》《零誕祭》で耐え、切り返しのターンで勝利を狙います。

《龍頭星雲人/零誕祭》

龍頭星雲人 闇文明 (10)
クリーチャー:デーモン・コマンド/ゼロリスト 12000
自分の墓地にある水または闇のカード1枚につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
このクリーチャーが出た時または攻撃する時、相手は自身の手札を2枚選んで捨てる。
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする)

零誕祭 闇文明 (4)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
自分のクリーチャーを1体破壊する。その後、相手のクリーチャーを1体破壊する。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥200 (2024/05/29 18:27:32時点 Amazon調べ-詳細)
《鬼ヶ邪王 ジャオウガ・ゼロ》

闇/火文明 (7)
クリーチャー:デモニオ 7000
コストを支払うかわりに、自分の墓地にある闇または火のカードを合計8枚、シャッフルしてから山札の下に置いて、このクリーチャーを召喚してもよい。
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その中からデモニオを1体出してもよい。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥190 (2024/05/30 10:14:55時点 Amazon調べ-詳細)
《秩序の意志》

闇文明 (4)
呪文
S・バック:闇(闇のカードを自分のシールドゾーンから手札に加える時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、コストを支払わずにこの呪文を唱える)
相手のクリーチャーを1体選び、相手はそれに封印を1つ付ける。
(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く。コマンドが出た時、その持ち主はそのコマンドと同じ文明を持つ自身のカードから封印を1つ、墓地に置く。クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥1,099 (2024/05/29 18:20:14時点 Amazon調べ-詳細)

【青黒星雲人ワンショット】対戦動画



シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

12 − nine =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。