駿河屋のトレカタイムセール

【デュエパーティー】多人数戦用の新フォーマットの遊び方・ルール【デュエマ】

記事の感想をコメントしよう! 0

4人対戦用のフォーマット「デュエパーティー」

コスト5以上のクリーチャー1体を「パートナー」としてデッキを構築して4人同時に対戦する新しいフォーマットが発表されました。

デッキ構築ルール
  • デッキ枚数:60枚(パートナー含む)
  • デッキのカードは全て1種(ハイランダー)。
  • 使用可能カードは殿堂レギュレーションに準拠(プレミアム殿堂のカードはデッキに入れられません)。
  • フォーマット:オリジナル
  • パートナー要件:コスト5以上のクリーチャー1枚
追加ルール
  • 初期手札、初期シールドは共に6枚です。また、先攻のプレイヤーも最初のドローステップにカードを引きます。
  • パートナーは、ゲーム開始時に「パートナーゾーン」に置かれます。プレイヤーはコストを支払うことで、「パートナーゾーン」からパートナーをプレイすることができます。(ルールで特定のゾーンからプレイが許可されている状態ですので、パートナーゾーンから「キリフダッシュ」や「ニンジャストライク」を使用できますが、「革命チェンジ」を使用したり、《一王二命三眼槍》の敗北回避能力を起動したりすることはできません)
  • パートナーには、ツインパクトカードのクリーチャーも指定できます。ツインパクトを指定した場合、そのカード全体が持つ文明のカードを山札に入れることができます。(《魔導管理室 カリヤドネ/ハーミット・サークル》を指定した場合、水単色、光単色、光水多色のカードを山札に入れることができます)
    ただし、その呪文側をパートナーゾーンから唱えることはできません。
  • パートナーがバトルゾーン以外に置かれた時、そのパートナーの持ち主は、マナゾーンからカードを1枚選んで山札の下に置くことで、自分のパートナーをパートナーゾーンに戻すことができます。
  • 効果・能力の対象や、攻撃の対象については、どの対戦相手のものでも自由に選ぶことができます。カード中に『相手』と指定があるものの処理については、下記「相手の定義」をご覧ください。
  • カードの能力で自分がゲームに勝利する効果や、相手をゲームに敗北させるような効果は無効となります。同様に、プレイヤーが追加のターンを得る効果も無効となります。
  • 同名のクリーチャーは、各プレイヤーにつき各ターン1回までしかバトルゾーンに出すことができません。

その他細かいルールは公式サイトをご確認ください。

遊び方動画



シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

16 − 5 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。