【ヴァンガード入門】初心者おすすめデッキ・ルール解説・大会参加の流れ・専門用語

ヴァンガ新弾商品一覧 >


「ヴァンガード」とは

「カードファイト!! ヴァンガード」は、株式会社ブシロードが開発するカードゲームです。

「ブシロード史上最大の作戦」と銘打ち、2011年にスタート。
各種メディアミックスを積極的に集中展開しています。

公式サイト

公式Twitter

遊び方解説動画

レギュレーションの種類

2022年現在、3種類のレギュレーションが存在しています。

スタンダード※主流
現在販売中のカードが使用可能
(カード左下にDアイコン)
Vスタンダード少し前に販売していたカードが使用可能
(カード左下にVアイコン)
Pスタンダード過去全てのカードを使用可能
以前はGスタンダードなども存在

これから入門される方は基本的に「スタンダード」(プレイヤーからは「Dスタンダード」とも呼ばれます)で遊び始めるのがおすすめです。

昔から遊んでいる人からは、過去のカードも使用できる「Vスタンダード」「Pスタンダード」も人気です。

注意点

ポケモンカードゲームやマジック:ザ・ギャザリングも「スタンダード」レギュレーションの形を採用していますが、それらと違いヴァンガードは「スタンダード」で使えるカードが更新されるローテーションのスケジュールを定めていません。

10年間で2度、スタンダードで使えるカードの変更がありました。

効果・ルールに関する質問窓口

公式サイトからユーザーサポートとして、ルールに関するお問合せ窓口を設けています。

カードゲームは効果の処理がわかりづらいことがあります。
分からないことは気軽に問い合わせて疑問を解決し、楽しくプレイしましょう。

お問い合わせ窓口

試しに遊んでみたい人

ヴァンガードを遊ぶにはデッキと呼ばれる50枚のカードが必要です。

最初は安価で始められる「構築済みデッキ」を買うのがおすすめです。

おすすめ構築済みデッキ

慣れてきたらパックで強化

構築済みデッキで遊んでみて、もっと戦術の幅を広げたかったり、新しいカードを手に入れたいときは、パックを買ってみましょう。

中古でシングルカードを購入

目的のカードが決まっている場合は、ショップなどで中古販売されているカードを単品で買うのもおすすめです。

がっつり勝負したい人

勝負にこだわりたい方は、現在大会で優勝しているデッキを参考にするのがおすすめです。

おすすめ最強デッキ一覧

おすすめサプライ

カードを保護する「スリーブ」や、場に敷く「プレイマット」を「サプライ」と呼びます。

ヴァンガードのカードは、遊戯王OCGと同じ「ミニサイズ」と呼ばれる大きさです。

ポケモンカードゲームやデュエル・マスターズとは異なるので、スリーブ購入の際は注意しましょう。

大会・イベント参加の仕方

初めのうちはカードショップで行われる「ショップファイト」に気軽に参加してみるのがおすすめです。

最初は緊張しますが、初心者でも歓迎されますので、あっという間にカードゲーム仲間が増えていきます。

対戦時に初心者だと伝えれば、相手もそのつもりで接してくれるのでお互いにストレスもありません。初めて経験することがあれば、相手に教えてもらいましょう。初心者だと伝えないと、経験者では常識になっている細かい点でコミュニケーションに齟齬が発生してしまいます。

お店のフリースペースで対戦している人がいますが、いきなりそこに声をかけるより、まずは大会に参加する方が心理的ハードルも低いかと思います。

イベントの種類

ショップファイト

カードショップでは定期的にメーカー公認の大会を開催しています。

参加賞や優勝賞品として限定のプロモカードがもらえます。

いつイベントを開催しているのか確認するために、最寄りのカードショップを下見しておくか、Twitterなどの情報をチェックしましょう。

参加の流れ
  1. 大会当日にショップへ行き、30分ほど前に受付を済ませる。
    ※イベントは定員があり先着順です。
    ※店員に大会に出たい旨を伝えればOK。
  2. 対戦
  3. 対戦後、雰囲気が良さそうであれば感想などコミュニケーションを取りカードゲーム仲間を増やしていきます。

大型大会

年に1回程度、大規模な全国大会「WGP」や「大ヴァンガ祭」が行われることがあります。

非公認大会

ショップや個人の方がメーカーのバックアップなしにイベントを開催することがあります。

イベントによって、事前の申し込みなどが必要になります。

持ち物・準備

  • デッキ(裏が透けていないスリーブに入れる)
  • ボールペン(対戦結果を記入する際に必要)
  • 予備のスリーブ
    ※傷がついていたりすると、イベントの規定違反になる場合があります。新品の予備のスリーブを用意しておきましょう。
  • カードの反りを直しておく
    ※カードが反っているとイベントの規定違反になる場合があります。あらかじめ直しておきましょう。

マナー

挨拶

対戦開始時や終了時、お互いのプレイヤーが気持ちよく対戦するために挨拶しましょう。

宣言をはっきりする

カードの効果を使用する際、無言では相手に伝わりません。

「○○の効果で○○します」や「○○で○○に攻撃します」など、はっきり伝えましょう。

相手のカードを勝手に触らない

知らないカードを相手にプレイされたときなど、効果を確認したい時は必ず相手に了承を得ましょう。

シャッフル後のカット

対戦時はデッキをシャッフルすることが何度かあります。

イカサマ防止のためにも、シャッフル後は相手にカット(何枚かのカードを積み直す)してもらうのが一般的です。

最近ではカードに触れずに、上から何枚をカットするか宣言してもらうやり方が多いです。

使用制限カード

ヴァンガードには、使用制限カードと呼ばれる、デッキに入れられないカードや1枚しか入れられないカードなどが存在します。

イベントに参加する前に確認しておきましょう。

専門用語

BO1/BO3

「BO」=Best of

何回勝負かを表しています。

BO1であれば1本勝負。
BO3であれば、「3回勝負で2本先取した方の勝ち」です。(マッチ戦とも呼ばれます)

オポ落ち/オポ差

「オポ」=オポネント・マッチ・ウィン・パーセンテージ(OMW%)

同じ1勝1敗でも、優勝者に勝った1勝と、全敗者に勝った1勝は違うという考え方です。

順位が同率のプレイヤーが複数いる場合に発生します。

スイスドロー形式

勝っても負けても参加者全員が同じ回数だけ試合をする試合方式です。

初戦は抽選などで決まった組み合わせで対戦し、2回戦目は勝利した人同士、負けた人同士で、3回戦目は2連勝の人同士、1勝1敗の人同士、2連敗の人同士で対戦が組まれます。

参加者すべてが同じ数の試合ができ、より同レベルの試合が楽しめる対戦形式で、イベントで最もポピュラーです。


キーワード検索

新弾発売スケジュール

発売日商品名
12月 ブースターパック第8弾
11月 スペシャルシリーズ第3弾
10/21(金) 『モンスターストライク Vol.2』カードリスト
9/30(金) 『烈火翠嵐』カードリスト
9/2(金) 『リリカルモナステリオ ~なつのおもいでっ!~』カードリスト
8/5(金) 『鳳竜焔舞』カードリスト
7/22(金) トライアルデッキ第3弾『狐芝ライカ -破天執行-』
7/22(金) トライアルデッキ第2弾『廻間ミチル -四炎の魔宝竜-』
7/22(金) トライアルデッキ第1弾『羽根山ウララ -絆の花咲く楽団長-』

他商品の収録・価格はこちら ▶︎

最新おすすめ商品

あなたの大会レポを募集中!

あなたが大会に参加した記録を「第二倉庫メディア」で発信しよう!
実績に関わらず募集しています。

「第二倉庫メディア」は毎月80万人以上の人が見に来ています。
公開するレポにはあなたのTwitterアカウントも掲載しますので、プレイヤーの輪を広げるきっかけになるかも!

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間200万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

ツイッターの話題を中心に、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。