駿河屋のトレカタイムセール

追加ターン!新カード《雷炎翔鎧バルピアレクス》《忍爪の聖沌 k491》《ボルシャック・コーヤ・ドラゴン》判明・相性の良いカード紹介!【DM23RP2|デュエマ速報】

記事の感想をコメントしよう! 0

新カード判明・解説

6月24日発売のアビス・レボリューション第2弾『忍邪乱武』に収録される新カード《雷炎翔鎧バルピアレクス》《忍爪の聖沌 k491》《ボルシャック・コーヤ・ドラゴン》が判明しました。

スーパーレアの《雷炎翔鎧バルピアレクス》はmバトル中、破壊されない能力を持つパワー5000のスピードアタッカー。アタックトリガーでファイアー・バードを1枚踏み倒し、その攻撃の終わりに、ファイアー・バード5つを破壊することで、追加ターンを獲得できる2つの誘発型能力を持ちます。

【DM23-RP2X】【発売日前日発送】デュエル・マスターズTCG アビス・レボリューション 第2弾 忍邪乱武 超刺激パック 1BOX
ノーブランド品

新規カード一覧

S6/S8《雷炎翔鎧バルピアレクス》

《雷炎翔鎧バルピアレクス》
S6/S8《雷炎翔鎧バルピアレクス》

火文明 (5)
クリーチャー:アーマード・ファイアー・バード/アーマード・ワイバーン 5000
スピードアタッカー
このクリーチャーは、バトル中破壊されない。
このクリーチャーが攻撃する時、ファイアー・バードを1枚、自分の手札から出してもよい。
このクリーチャーの攻撃の終わりに、自分のファイアー・バードを5つ破壊してもよい。そうしたら、このターンの後に自分のターンを追加する。

29/74《忍爪の聖沌 k491》

《忍爪の聖沌 k491》
29/74《忍爪の聖沌 k491》

光文明 (3)
クリーチャー:メカ・デル・ステラ/シノビ 3500
S・トリガー・プラス(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい。それが相手のターンで、そのターン中に自分のシールドが2つ以上ブレイクされていれば、このクリーチャーにP能力を与える)
P−このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このターンの終わりに、自分のシールドを1つブレイクする。
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
相手の呪文またはクリーチャーの能力によって、自分の手札は捨てられない。

41/74《ボルシャック・コーヤ・ドラゴン》

《ボルシャック・コーヤ・ドラゴン》
41/74《ボルシャック・コーヤ・ドラゴン》

火文明 (4)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 4000
S・トリガー・プラス(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい。それが相手のターンで、そのターン中に自分のシールドが2つ以上ブレイクされていれば、このクリーチャーにP能力を与える)
P−このクリーチャーが出た時、相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

《雷炎翔鎧バルピアレクス》と相性の良いカード

《キャプテン・ドラッケン》

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥770 (2024/06/17 23:26:15時点 Amazon調べ-詳細)

《凰翔竜機ワルキューレ・ルピア》

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥268 (2024/06/17 21:20:44時点 Amazon調べ-詳細)

《ボルシャック・NEX》

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥720 (2024/06/17 21:23:45時点 Amazon調べ-詳細)

収録パック

【DM23-RP2X】【発売日前日発送】デュエル・マスターズTCG アビス・レボリューション 第2弾 忍邪乱武 超刺激パック 1BOX
ノーブランド品


シェアしてサイト継続を応援

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

sixteen + 10 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。