【ガイアッシュ覇道】デッキ対策・弱点・メタカードまとめ【デュエマ】

記事の感想をコメントしよう! 0


≫ デュエマ新弾予約・商品一覧


【ガイアッシュ覇道】の特徴・戦術

特徴

特徴4c / ミッドレンジ / 超次元
収録「双極篇 拡張パック第1弾 轟快!! ジョラゴンGo Fight!!」

【ガイアッシュ覇道】は、序盤から一気にマナブーストして、次々と強力なクリーチャーを展開するのが特徴です。きちんとマナブーストしてクリーチャーを召喚するデッキになるため、メタカードが効きづらく対策が難しい特徴もあります。

戦術

【ガイアッシュ覇道】は、種族にドラゴンを含むカードでデッキのほとんどが構築されています。そのため、《メンデルスゾーン》や《ボルシャック・栄光・ルピア》などの、ドラゴンを基盤とするブーストカードで安定したマナ加速をしてきます。

加速によって一気に増えたマナカードを使用して、強力なカードを次々と展開し勝利を目指すのがデッキコンセプトです。

【ガイアッシュ覇道】は、オリジナル環境でも活躍しています。しかし、現在ではアドバンス環境でtier1の筆頭とされているため、アドバンスでの対策を見ていきましょう。

【ガイアッシュ覇道】の主要カード

主要カード

《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》

火文明 (10)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 9000+
B・A・D 2(このクリーチャーの召喚コストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがタップ状態で破壊された時、このターンの後に自分のターンを追加する。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥150 (2024/02/26 14:56:10時点 Amazon調べ-詳細)
《流星のガイアッシュ・カイザー》

水/自然文明 (6)
クリーチャー:ブルー・コマンド・ドラゴン/グリーン・コマンド・ドラゴン/ハンター 8000
相手のターンの終わりに、相手がそのターン中、マナゾーンのカードをタップせずに、クリーチャーを出すか呪文を唱えていて、バトルゾーンに自分の《流星のガイアッシュ・カイザー》がなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを2枚引く。
自分のコスト10以上のクリーチャーの召喚コストを4少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
相手のクリーチャーは出たターン、自分を攻撃できない。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥2,985 (2024/02/26 12:01:53時点 Amazon調べ-詳細)
《最終龍覇 ロージア》

光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー 3500
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーが出た時、自分のマナゾーンにあるカードと同じ文明を持つ、コスト4以下のドラグハート・ウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンから出す。(このクリーチャーに装備して出す)

《インフェル星樹》

自然文明 (5)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/レクスターズ 6000
G・ストライク
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、バトルゾーンにある、クリーチャーではないカードを2枚まで選ぶ。それらを持ち主のマナゾーンにタップして置く。
バトルゾーンから自分のマナゾーンにカードが置かれた時、カードを1枚引く。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥918 (2024/02/26 11:18:11時点 Amazon調べ-詳細)
《頂上連結 ロッド・ゾージア5th》

光/火文明 (7)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド・ドラゴン/ソニック・コマンド 11000
自分のマナゾーンに光または火のカードが合計5枚以上あれば、このクリーチャーの召喚コストを3少なくする。
EXライフ
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーを1体選び、破壊する。次の相手のターン、相手はクリーチャーを1体しか出せない。

【ガイアッシュ覇道】の弱点・止めどころ

《単騎連射 マグナム》や《爆炎覇龍 ガイフレア》などのメタカードを採用する

【ガイアッシュ覇道】への対策として、《単騎連射 マグナム》や《爆炎覇龍 ガイフレア》などのメタカードを採用するのがおすすめです。

《単騎連射 マグナム》

火文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジ 3000
自分のターン中に、相手のクリーチャーが出る時、そのクリーチャーはかわりに持ち主の墓地に置かれる。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥1,660 (2024/02/25 18:22:25時点 Amazon調べ-詳細)
《爆炎覇龍 ガイフレア》 / 《爆炎大剣 ガイサーガ》

火文明 (6)
ドラグハート・クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 5000+
相手がコストを支払わずにクリーチャーを出した時、そのクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせてもよい。
多色クリーチャーとのバトル中、このクリーチャーのパワーを3倍にする。
(ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、ドラグハートまたはそれを装備したクリーチャーが離れた場合、そこに戻す)

火文明 (3)
ドラグハート・ウエポン
これを装備したクリーチャーが火のドラグナーなら、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。
これを装備したクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。それが進化ではないドラゴンまたは進化ではないドラグナーなら、手札に加える。それ以外なら、山札の下に置く。
龍解:自分のターンの終わりに、これを装備したクリーチャーがタップしていれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。
(ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、ドラグハートまたはそれを装備したクリーチャーが離れた場合、そこに戻す)

《単騎連射 マグナム》や《爆炎覇龍 ガイフレア》は、《流星のガイアッシュ・カイザー》に対してのメタカードです。《流星のガイアッシュ・カイザー》は、条件を満たせば相手ターンにコストを踏み倒して場に出せます。

《流星のガイアッシュ・カイザー》

水/自然文明 (6)
クリーチャー:ブルー・コマンド・ドラゴン/グリーン・コマンド・ドラゴン/ハンター 8000
相手のターンの終わりに、相手がそのターン中、マナゾーンのカードをタップせずに、クリーチャーを出すか呪文を唱えていて、バトルゾーンに自分の《流星のガイアッシュ・カイザー》がなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを2枚引く。
自分のコスト10以上のクリーチャーの召喚コストを4少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
相手のクリーチャーは出たターン、自分を攻撃できない。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥2,985 (2024/02/26 12:01:53時点 Amazon調べ-詳細)

《単騎連射 マグナム》や《爆炎覇龍 ガイフレア》を場に出せれば、相手の《流星のガイアッシュ・カイザー》を心配する必要がありません。

序盤から強力な動きを相手に押し付ける

【ガイアッシュ覇道】は、弱点が少ないのでデッキ単位で対策する必要があります。そのため、【赤青マジック】などの序盤から強力な動きを相手に押し付けられるデッキを使いましょう。

【ガイアッシュ覇道】は、序盤はマナブーストして後半から貯まったマナを使用し、強力なフィニッシャーカードを展開します。

相手は《流星のガイアッシュ・カイザー》や《インフェル星樹》を召喚しなければ、なかなか動き出せないため、その隙をついて勝利を目指しましょう。

《インフェル星樹》

自然文明 (5)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/レクスターズ 6000
G・ストライク
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、バトルゾーンにある、クリーチャーではないカードを2枚まで選ぶ。それらを持ち主のマナゾーンにタップして置く。
バトルゾーンから自分のマナゾーンにカードが置かれた時、カードを1枚引く。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥918 (2024/02/26 11:18:11時点 Amazon調べ-詳細)

相手のマナが貯まってしまうと、《最終龍覇 ロージア》や《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を出され、一気に形勢逆転されてしまうでしょう。

《最終龍覇 ロージア》

光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/ジャスティス・ウイング/ドラグナー 3500
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
このクリーチャーが出た時、自分のマナゾーンにあるカードと同じ文明を持つ、コスト4以下のドラグハート・ウエポンを1枚、自分の超次元ゾーンから出す。(このクリーチャーに装備して出す)

《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》

火文明 (10)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 9000+
B・A・D 2(このクリーチャーの召喚コストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがタップ状態で破壊された時、このターンの後に自分のターンを追加する。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥150 (2024/02/26 14:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

相手の《流星のガイアッシュ・カイザー》を0コストで場に出させない

【ガイアッシュ覇道】と戦う場合は、《流星のガイアッシュ・カイザー》の踏み倒し効果に注意しなければなりません。

《流星のガイアッシュ・カイザー》

水/自然文明 (6)
クリーチャー:ブルー・コマンド・ドラゴン/グリーン・コマンド・ドラゴン/ハンター 8000
相手のターンの終わりに、相手がそのターン中、マナゾーンのカードをタップせずに、クリーチャーを出すか呪文を唱えていて、バトルゾーンに自分の《流星のガイアッシュ・カイザー》がなければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを2枚引く。
自分のコスト10以上のクリーチャーの召喚コストを4少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
相手のクリーチャーは出たターン、自分を攻撃できない。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥2,985 (2024/02/26 12:01:53時点 Amazon調べ-詳細)

そのため、できるだけ呪文やクリーチャーを踏み倒さないように立ち回りましょう。早い段階で《流星のガイアッシュ・カイザー》を召喚された場合は、《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》が2~3ターン目に出されてしまいます。

呪文やクリーチャーをどうしても踏み倒さなければいけない場合は、相手が《切札勝太&カツキング ー熱血の物語ー》でサーチする前や《インフェル星樹》でドローする前など、手札が少ない状態で行いましょう。

《切札勝太&カツキング ー熱血の物語ー》

水/火/自然文明 (5)
クリーチャー:アウトレイジ・ドラゴン/ヒューマノイド 5000+
マッハファイター
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から5枚を見る。そのうちの1枚を相手に見せてから手札に加え、残りを好きな順で山札の下に置く。こうして見せたカードが火または自然なら、クリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
革命2:自分のシールドが2つ以下なら、自分のシールドゾーンから手札に加えるこのクリーチャーに「S・トリガー」を与える。
革命0:自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーのパワーを+10000し、「スピードアタッカー」と「T・ブレイカー」を与える。

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥2,918 (2024/02/26 12:42:41時点 Amazon調べ-詳細)

【ガイアッシュ覇道】対策におすすめのデッキテーマ

【モルトNEXT】

【モルトNEXT】は、【ガイアッシュ覇道】と同程度のスピードで高いデッキパワーを発揮できるためおすすめです。

https://twitter.com/sion229/status/1647227842697256963

【赤緑アポロヌス】

オリジナル環境の場合は、【赤緑アポロヌス】のような圧倒的なスピードで勝負を決めるのがおすすめです。

【ガイアッシュ覇道】メタカード

created by Rinker
デュエルマスターズ
¥1,150 (2024/02/26 10:07:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
デュエルマスターズ
¥2,385 (2024/02/26 05:45:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
デュエルマスターズ
¥418 (2024/02/25 17:45:16時点 Amazon調べ-詳細)

記事をシェア

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

eight − 1 =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。