【紙機神】デッキの回し方・動かし方【入門向け徹底解説|ゼクス】

記事の感想をコメントしよう! 0


≫ Z/X新弾予約・商品一覧


【紙機神】とは

特徴
収録B46『業風<テンペストリンク>』

【紙機神(しきじん)】は、安倍晴明の子孫である「ポラリス」を中心としており、青の世界の化学技術力と式神術式を合体させたカテゴリです。

【紙機神】のカードは、以下の3つに大別されます。

  • 主役の《紙機占術師 ポラリス》
  • メインデッキの「紙機札」カード
  • ゼクスエクストラの「紙機神」カード

お知らせ:『轟轟<イグナイトリンク>』に新規カードが登場

2024年1月25日(木)発売の『轟轟<イグナイトリンク>』に収録される新規カードが5種判明しました。

デッキコンセプト

《紙機占術師 ポラリス》が、イベントの「紙機札」カードを使い、デュナミスから「紙機神」を呼び出して戦うデッキ。

サーチを多用して戦う、ゼクスでは珍しいタイプです。

created by Rinker
ノーブランド品
¥1,080 (2024/02/27 00:03:30時点 Amazon調べ-詳細)

序盤中盤の要は、《紙機札【青竜】》、《紙機神【青竜】》。

終盤は、連続展開が可能となる《紙機札【貴人】》、《紙機神【貴人】》が要です。

基本的な回し方

STEP

マリガン基準

基本的には「偶数の紙機札」がほしいです。
後攻の場合は、《紙機占術師 ポラリス》か、「奇数の紙機札」をキープしましょう。特に序中盤の要である《紙機札【青竜】》があると、ポラリスのサーチができて安心です。

奇数/偶数の紙機札について

「紙機神」の覚醒条件:偶数の「紙機神」は、偶数の「紙機」カードを除外、奇数の「紙機神」は、奇数の「紙機」カードを除外する。

STEP

序盤

まず、コスト0の《紙機占術師 ポラリス》をスクエアに用意し、イベントの「紙機札」カードをプレイして、《紙機占術師 ポラリス》のフォースにします。

フォースにしたイベントを《紙機占術師 ポラリス》の起動能力で除外することで、同じコストの数字の「紙機神」カードをデュナミスから登場させます。

STEP

中盤・終盤

リムーブに「紙機札」カードをためていき、自身の効果でコストが下がった《紙機札【貴人】》をプレイします。

《紙機札【貴人】》の効果でリムーブから「紙機」イベントを1枚《紙機占術師 ポラリス》のフォースにでき、さらに《紙機札【貴人】》自身も《紙機占術師 ポラリス》のフォースとなることで、《紙機占術師 ポラリス》の起動能力を2回使用することが可能となります。

「紙機神」を連続展開して戦いましょう。

デッキ構築のコツ

大会優勝・入賞デッキを参考にする

大会で実績のあるデッキを参考にすると、相性の良いカードや、サイドデッキの作り方が分かりやすいです。

入門者向けサンプルデッキレシピ

2024年1月のゼクスタ優勝デッキレシピが参考になるので引用させていただきます
https://twitter.com/DokiDoki_bouken/status/1749667763868905897

プレイングのコツ・裁定・注意点

《紙機神【貴人】》のサーチ先

《紙機神【貴人】》のサーチ先は《紙機札【朱雀】》がおすすめです。《紙機神【朱雀】》の効果で「ポラリス」にレンジ付与が可能です。

《紙機札【貴人】》の効果でフォースに仕込むカード

《紙機札【貴人】》の効果で《紙機札【天后】》をフォースに仕込めば、《紙機神【天后】》の効果で、リムーブかトラッシュから「紙機」を回収して、次の動きの準備をしておくことができておすすめです。

弱点・対策

デッキのエンジンとなる《紙機占術師 ポラリス》を止められると非常に厳しいです。

基本的にカードの能力で登場させるため、《【TT】想甲顕現 ベティ》を出されるのも辛いです。

相性の良いカード

《シャードバースト》

自分のゼクスを破壊する手段になります。

created by Rinker
zx
¥150 (2024/02/27 00:03:31時点 Amazon調べ-詳細)

《億劫なる『沈泥』ラハム》

詰めのターンのパンチ数増加に使えます。

created by Rinker
ブロッコリー(BROCCOLI)
¥148 (2024/02/27 00:03:32時点 Amazon調べ-詳細)

記事をシェア

在宅ライター募集中!

当サイトでは、一緒に記事を作成してくれる方を募集しています!
お気軽にお問い合わせください。

・学歴不問
・ライティング未経験歓迎
・フルリモート

コメントを残す

14 − thirteen =

ABOUT US
第二倉庫管理人
第二倉庫管理人
月間400万PVのTCG専門情報サイト「第二倉庫メディア」の管理人・編集者。

黎明期の遊戯王で初めてトレカに出会い、約25年間で様々なカードゲームを遊んできています。

遊ぶだけでなく、これまでにトレカに関わるサービスをいくつか立ち上げたり、データを分析してプレイヤーの理解を深めたりしています。

このサイトでは、ツイッターの話題を中心に取り上げ、読者が楽しめるだけでなく、元アカウントがより広く認知されることで、業界の活性化に繋がればと思っています。

取り上げてほしい話題があれば記事にしますので、お気軽にTwitterのDMなどでご連絡ください。